北方領土をわかりやすく解説!ロシアの主張のポイントは?

2019年2月7日(※)、東京都内で「北方領土の返還要求全国大会」が開催されました。

この大会で採択された声明文には、例年なら入っている「北方四島が不法に占拠され」という言葉が盛り込まれておらず、“ロシア側の主張”に配慮した様子が伺えます。

大会に出席した安倍首相の発言も、「日ロが相互に受け入れ可能な解決策を見出すための共同作業を進める」「領土問題を解決し、平和条約を締結すべく交渉を進める」といった前向きなものでした。

「ついに日本とロシアが平和条約締結に向けて動き出すのか!?」という期待感を感じる一方で、「北方四島の返還は諦めたの?」という不満を覚えた方も日本人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、日本側が配慮したと思われる“北方領土問題におけるロシア側の主張”について、ポイントを絞って解説したいと思います。

※ちなみに、この2月7日という日付は、1855年に日本とロシア(当時のロシア帝国)の間に結ばれた「日通好条約」に由来しています。