大谷拓海(中央学院)が頭蓋骨骨折した理由は?後遺症は残らない?怪我の状況を調査!

スポンサーリンク

 2018年夏の甲子園大会が開幕しています。

100回を迎える記念大会と言う事もあって、千葉県や神奈川県・愛知県などは2校が出場する事になっています。

そのうちの1つ西千葉県代表の中央学院高校の大谷拓海選手に注目が集まっています。

大谷拓海選手は大谷翔平選手と同じく二刀流でプロからドラフト候補としても注目されています。

そして、更に注目が集まっているのが、大谷拓海選手の怪我(頭蓋骨骨折)です。

スポンサーリンク

大谷拓海選手のプロフィール

  • 名前:大谷拓海(おおたに たくみ)
  • 生年月日:2000年7月13日
  • 出身:千葉県印西市(印西市立滝野中学校)
  • 身長:178cm
  • 体重:74kg
  • 投打:右投げ左打ち
  • 家族:両親と妹。
  • 血液型:RHマイナスのA
  • ニックネーム:我孫子の二刀流

大谷拓海選手が頭蓋骨骨折した理由とは?

中央学院の大谷拓海選手が怪我を負ったのは、2018年5月27日。

市立川越と練習試合のさなかに悲劇が起きたのです。

マウンドに立つ大谷拓海選手が投げた球が打ち返され、その打球が大谷拓海選手の右頭蓋骨側頭部に命中し、大谷拓海選手はその場で意識を失ってしまいます。

投手としてなのでヘルメットは当然被っていません・・・

すぐに救急車で病院に運ばれますが、その診断の結果が、右頭蓋骨側頭部骨折・脳挫傷・軽度の外傷性くも膜下出血との診断が下っています。

大けがどころか、命にかかわる大事故です。

打球の速さと球の重さが頭蓋骨に集中した訳ですから重症と言うよりも重体に近かったことでしょう。。。

打球を受けてから3日間意識が戻らなかったとも言われており、状況的には生死を彷徨う予断を許さなかったのではないでしょうか。

これだけの怪我をしているにも関わらず、医師は手術を回避していることから、回復する見込みがあったとも考えられます。

再起不能と噂される事もありましたが、大谷拓海選手は1週間で退院して1ヶ月のリハビリをし、野球部に戻ってくると言う驚異的な回復みせ練習への復帰を果たしました。

頭蓋骨を骨折して1週間で退院ってそんな事あるんですね・・・

と思って調べてみたら、頭蓋骨骨折と言っても程度があるようで中には骨折しているけど入院しないケースもあるようです。

大谷選手がどのレベルだったのかははっきりわかりませんが、陥没等はしていなかったのでしょう。

とは言え、ある程度は頭に衝撃が加わらない様気を付ける必要がありますので、右目が充血しているなどやはり、無理をしている状況が手にとるほどわかるようでしたから当面の試合出場は出来ませんでした。

頭部への打球はヘルメットをしていても危険な訳ですから、それを緩衝材なしにもろに頭蓋骨で受けた訳です。

この状況化で1ヶ月余りで野球部に戻ってきているのは相当甲子園に出場したかったのでしょう。

大谷拓海選手が受けた怪我の状況や後遺症は残らないのか?

怪我をしてから3日間意識が戻らなかった事はやはり重大的怪我と言っていいでしょう。彼は目が覚めてからはすぐに立つことができなかった様です。

それでも1週間で退院して1ヶ月のリハビリを行うほど回復したのはかなり、驚異的と言ってもいいでしょう。

母親は医者からの診断を聞いた時に悪魔の囁きに聞えたと言っています。

回復しても野球ができない・もしかすると普通の生活まで送れないのではとも考えていたようです。

確かに怪我の大きさから言えば、そこまで考える必要性は有ったでしょう。

野球部に復活してからもボールへの恐怖心からバットにボールが当たらないなどの苦労があった事は確かです。

練習には参加することが出来ていた大谷拓海選手ですが、7月19日の西千葉県大会4回戦目まではドクターストップがかかっていたそうです。

経過観察をしながら今後の治療をしていくと見ていいのでしょう。

医者的には脳挫傷や軽度の外傷性くも膜下出血が今後どの様に作用するのかを検討しなければならないでしょうからね。

調べた限りでは、この症状については扱われていないと言う様子ですから、今の所は後遺症らしき物は出ていないと判断してもいいでしょう。

今後プロ又は大学・社会人と野球を続けていくには、この頭部の問題が常について回ると考えてもおかしくは無いでしょう。

今は問題が無くても、後遺症は突然のように襲ってくる可能性を秘めているだけに、今後の大谷拓海選手の動向に注目が集まりそうです。

まとめ

中央学院の大谷拓海選手が負った怪我について紹介してきました。

結果的には甲子園出場を果たしていますが、1回戦の済美戦で登板機会がなく中央学院は破れてしまっています。

監督としても体調面を考慮して登板回避を選択したのでしょう。

怪我をした大谷拓海選手に注目が集まっていますが、心のケアが必要なのは、大谷拓海選手の頭部に打球を当てた打者の選手です。

この選手が何年生かはわかりませんが、彼も同じくボールに対しての恐怖心と自分が打った球によって人が怪我を負った事で相当苦しんでいると思われます。

学校側もケアをしていると思いますが、今後の彼の野球生活が左右される事は間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
ペタサーチ