亀石倫子の経歴や年収,学歴を調査!夫との馴れ初めは?

スポンサーリンク

TBS日曜日の朝の情報番組サンデーモーニングに出演しているゲストコメンテーターの一人に、弁護士の亀石倫子がいます。

最高裁で警察を相手に見事勝利を勝ち取ったことで、知られるようになりました。

法廷でも亀石倫子流の服装をすることや、美人な弁護士としてもメディアで取り上げられました。

亀石倫子は、人生をリセットして成功した人としても有名です。

そんな亀石倫子の経歴や年収、学歴について調査しました!

スポンサーリンク

亀石倫子の前歴は?弁護士になる前は何していた、

亀石倫子には、弁護士になる前は札幌でOLをしていたとの噂があったので、代表を務めている法律事務所のHPやウィキペディアをチェックしてみました。

1974年:北海道小樽市生まれ。

1997年:東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、札幌市の情報通信会社に入社

2000年:退社

2005年:大阪市立大学法科大学院入学

2008年:司法試験合格

本当に一般企業のOLだったようです。

さらに驚くことに、法学部を卒業していないんですね。

文理学部を卒業し、新卒で勤めた会社を3年で寿退社しています。

3年という期間で退社したのには、それなりの理由があったようです。

会社に行きたくなくて悩んでいたそうです。

どれだけその会社に行きたくなかったか、神庭亮介とのインタビューでこう答えています。

「私の人生、こんなハズじゃなかった」「どうしたら変えられるんだろう」「何者かになりたい」って、毎日そればっかり考えてました。

実際、亀石倫子は女性社員に配られた制服を着ることを拒否し、職場のラジオ体操の参加を拒否し、上司に向かって「そんなことやって意味あるんですか?」と言ったりと、とても職場に馴染んでいるとは言えない状態だったようです。

何者かになりたいとか、今を変えたいと、社会人なら誰でも一度は思いがちな事ですが、それを実際に行動できたから亀石倫子は弁護士になれたのでしょう。

このインタビューで亀石倫子は、会社だけではなく学校でも、馴染むことはなかったことを言っています。

スポンサーリンク

亀石倫子と夫との出会いは?プロポーズは出会って2日後 !

集団に馴染むことの無かった亀石倫子ですがどうやって、夫となる人と出会ったのでしょう。

亀石倫子と夫との出会いは、OL時代に参加した東京での研修だったそうです。

出会って2日目には、自身の直感を信じて彼にプロポーズしたそうです。

その時は断られてしまったそうですが、亀石倫子は、「この人なら!」と思い、猛アタックを開始!

そして研修から半年後には結婚してしまいました(笑)。

こんなに早かったのには理由があり、亀石倫子はとにかく人生をリセットしたかったようなのです。

結婚と同時に繋がりの無い大阪という新天地に引越し、弁護士になるための勉強を始めたのです。

亀石倫子の学歴は?

弁護士になるにはすごく勉強が大変だという印象があります。

そんな弁護士に法学部を卒業していない亀石倫子がなることができました。

そこにどんな秘密が隠されているのでしょうか?

もう一度学歴をみてみましょう。

1993年:東京女子大学文理学部英米文学科入学

1997年:東京女子大学文理学部英米文学科卒業

2005年:大阪市立大学法科大学院入学

2008年:司法試験合格

2009年:司法修習修了

亀石倫子は、2005年に法科大学院に入学し、2008年には司法試験に合格しています。

法科大学院の卒業年を見つけることができなかったのですが、通常は3年ほど必要だといわれているので、卒業と同時に司法試験に合格したと思われます。

ここで亀石倫子のすごい所を整理してみると、

2004年に法科大学院が日本各地に設立され、そのチャンスを逃さず翌年の2005年には入学を決めていること。

入学した3年後には司法試験に合格していること。

司法修習が修了し弁護士事務所に勤めていること。

とこれだけのことが挙げられます。

亀石倫子はチャンスをつかむため、やりたいことには全力でぶつかることができる人なんです。だから弁護士になれたのでしょうね。

亀石倫子の現在の年収を考えてみた!

弁護士が身内にいないので、年収がどれくらいなのか予想もつかいないため、こんなページを探してみました。

「平均年収.jp」

このページには弁護士の年収が推定されていました。

亀石倫子の年収がどれくらいなのか、この「平均年収.jp」にあった基準を使用して推理してみたいと思います。

年代別年収(推定)

年代 年収
30代 645万円~1042万円
40代 1085万円~1255万円
50代 1262万円~1250万円

亀石倫子は40代なので1085万円~1255万円にあてはまりますね。

また、都道府県別の平均年収においては、大阪は1327.2万円となっていました。

勤務企業の規模による平均年収(推定)

企業規模 平均年収
大企業の弁護士 1,283.0万円
中企業の弁護士 1,061.8万円
小企業の弁護士 962.2万円

亀石倫子が代表を務めるエクラうめだは、弁護士が2人なので小企業に分類される事務所だと思いますが、亀石倫子の知名度・メディアへの露出等を考えると大企業の弁護士と判断しても良さそうです。

これらのことから考えると、亀石倫子の弁護士としての収入は1283万円~1327万円と推理できそうです。

勝手に推理しただけですので、信憑性はまったくありませんが(=^^=)。

まとめ

一般OLから人生をリセットし、弁護士として活躍している亀石倫子について調査しました。

何者かになりたいと、口先だけではなく実際に行動に移し、現在は弁護士としてイキイキとして働いているように見えました。

露出が増えたことで週刊誌をにぎわすこともありますが、亀石倫子をこれからも見守り、応援したくなりました。

 

コメント