テレワーク導入の助成金ってどれくらい?東京都の例を調査!2019年はどうなる?

スポンサーリンク

働き方改革関連法案が制定され、2019年度から施行されるようになることや、多様な働き方が推進されるようになったことから、テレワークという働き方はますます普及してくると思います。

しかしながら、その働き方に対応できる企業というものはまだあまり多くないように思います。

そこで、企業がテレワークを導入することができるように、様々な助成金制度が制定されるようになりました。

今回は東京都の助成金制度に焦点を当てて、テレワークという働き方を推進するためにどのような制度が整えられているかということについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京都の助成金制度

SONY DSC

実際に調べてみると大きく分けて二つの助成金コースが設けられていたので一つ一つ項目を挙げながら説明していきたいと思います。

女性の活躍推進コース

この助成金コースは、「都内に勤務している常時雇用する労働者が2名以上300名以下で、都内に本社または事業所を置く中小企業等」が主な対象となっている助成金です。

この助成金は、女性の職域拡大等を目的として、女性が少ない職種に積極的に女性を採用・配置する都内中小企業等に対し、職場環境を整備する目的で支給される助成金です。

テレワークを行う従業員は、在宅で子育てを行っている主婦であったり、育児のために仕事を休んでいた女性が社会復帰しやすいような仕組みを整えるための制度だと考えられます。

どのような項目が助成の対象となるかというと、トイレの整備だったり、ロッカーや仮眠室、子供連れで出勤した場合でも授乳やオムツ替えができるようなベビールームといったスペースなどの整備費用が含まれます。

男性が多い職場では女性が働きやすい環境が整備したくてもできていない状況であったりする場所が多いため、女性が働きやすくなるような職場環境がしっかりと整備できるように配慮された助成金だと言えます。

テレワーク活用推進コース

この助成金は、「都内に勤務している常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等」が助成の対象となっています。

この助成金は、テレワークのシステム構築などといったテレワークシステムの整備費用を助成してくれる制度です。

具体的にどのような費用が助成金の対象となるかというと、パソコンやタブレットといったモバイル端末などの整備費用や、インターネット回線を整備するための費用だったり、テレワークシステムを構築するためのシステムにかかる費用を助成したりします。

また、テレワークシステムを利用する際の業務中に利用する関連ソフトの利用料についても助成してくれるので、よりスムーズにテレワークができるような仕組みが整えられるようになっています。

さらに、これらのシステムを導入するのが自分の会社だけでは難しいという企業に対しては、これらのテレワークシステムが利用できるようなシステムを構築するために専門業者に一括で依頼して委託するためにかかる費用というものも助成してくれるようになっています。

人手不足が深刻化する中で、外部の専門的な業者にこのようなシステム整備を依頼できるというのは企業側にとってもかなりメリットがあることだと思います。

また働く側にとってもきちんと整備されたシステムで仕事ができるというのは、作業効率もあがりますし、仕事に対するストレスも軽減されるので、長期的に働くことができるという従業員側のメリットも考えられます。

さらには、民間サテライトオフィスの利用に係る経費も助成してくれるということで、県外や地方の施設であったり、メインオフィスではないところに民間でオフィスを借りる場合なども費用を助成してくれます。

働く場所に縛られないというテレワークのメリットを十分に生かすための環境整備も構築できるような仕組みが整えられるようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この助成金は2019年も続く予定です。

各自治体によって助成される内容や金額というのは異なってくると思いますが、このような働き方を推進するためには助成金という仕組みは企業側にとっても働く側にとっても十分メリットがあることだと思うので、うまく活用しながら効率よく働いて生産性が上がるような仕組みが今後普及していくといいと思います。

コメント