リモートワークができる職種や事務の求人状況を調査!

スポンサーリンク

最近になって働き方改革推進法案が成立するなど、多種多様な働き方が推進されるようになってきました。

そのような中で時間や場所にとらわれない働き方である「リモートワーク」という働き方が出てくるようになってきました。

リモートワークは会社から離れた場所で業務を行うことで収入を得ることですが、その他にもテレワークやクラウドソーシングといった様々な呼び方がされています。

今回の記事ではリモートワークができる職種にはどのような職種があるかということについてや、リモートワークのできる事務職の求人状況について調査をしてまとめてみました。

スポンサーリンク

リモートワークができる職種にはどんな職種があるの?

1.ライター

ライターという職種にはSNSなどを利用して知名度を高めていくことで訪問者を集め広告収入アフィリエイトなので収入を得るといった方法があります。

その他にもひたすら依頼された記事を書いて納品していくといったライティング作業もあります。

どちらもパソコン上に文字を入力してインターネット上に公開することにつながることには変わりがないのですが、前者の場合は知名度を高めなければ売上が上がらないといった難易度の高さがあります。

ライターとして記事数が増えていけばそれをまとめて本にして出版するといった仕事もできるので、リモートワークとしてライターを行っている人は多いようです。

2.エンジニア

インターネット業界の仕事といえばエンジニアを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

エンジニアにも様々な仕事があり、SEOを専門に行うマーケティング系の仕事をしている方もいたり、サーバーや会社のシステムの運用や保守を請け負っている人もいます。

エンジニアは単価の高い仕事として有名で、一つの会社からでも仕事が受注できるとそれだけでしばらく生活していけるような高収入の見込める仕事です。

しかしエンジニアにはプログラミングの高度な仕事が求められるので、プログラミングに関するそれなりの知識や技術が必要とされるようです。

3.デザイナー

上記に述べたエンジニアの仕事は男性が行っていることが多いのですが、それに対してデザイナーは女性が多い状況です。

リモートワークとして行うデザイナーでは、制作会社から長期的に仕事を請け負うことが多いようですので、こちらも高収入が見込める仕事と言えます。

デザイナーの仕事はAIで自動化されにくい分野の仕事でもありますので、ロボットに仕事が奪われる心配がない職種ですので、今後AIが発達してきても割と安心できそうな職種だと思います。

リモートワークの事務職の求人はあるの?

インターネットで調べてみると事務職としてリモートワークを採用している企業がたくさんあるようです。

主な業務内容としてはキャリアコンサルタントやスカウターの業務を補助したり、請求書発行業務を担当するといった内容があります。

また、会社の内外の関係者との調整業務を請け負うこともあるようです。

それは顧客であったりコンサルタントであったり、講師であったり様々な関係者との業務調整や仕事の依頼、連絡や確認、進捗管理の把握などといった業務内容もあります。

いずれの仕事であっても子育てや家事の間に行うことができたり、お子さんが急な発熱などで仕事ができなくなったという場合でも他の社員でサポートしてくれるなど、サポート体制をしっかり整えた企業が多いようです。

ご自身のライフスタイルに合わせて条件の合った企業を探してみることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

リモートワークにも様々な業務内容があることや、事務職の業務内容について理解できたと思います。

ご自身の働き方に対する考え方や、住みたい場所やライフスタイルによって自分に合ったリモートワークは異なると思います。

色々な案件を比較検討してみてあなたに合ったリモートワークが見つかるといいですね。

コメント