同一労働同一賃金はいつから施行?派遣社員や契約社員への影響は?

スポンサーリンク

2018年働き方改革関連法案という法案が成立し、正規社員と非正規社員の働き方が同一であればそれらの賃金が同一になるようにルール化されるようになりました。

今回の記事では同一労働同一賃金は制度がいつから施行されるかということや、派遣社員や契約社員に対してこの制度がどのように影響していくかということについてまとめてみました。

同一労働同一賃金の制度はいつから施行されるの?

働き方改革関連法案は2018年の7月に公布され、パートタイム労働法や労働契約法、労働者派遣法の改正が行われるようになります。

大企業では2020年の4月から反映されるようになり、中小企業では準備などに猶予期間を与えられたため、2021年の4月から反映されるようになっています。

それぞれの企業は賃金の水準を設定し直したり、人事評価制度の見直しをする必要があります。

さらには就業規則を改定したり、労働組合と労使協定を調整したりするなど膨大な量の準備が必要になってきます。

大企業中小企業にはそれぞれ準備期間が設けられてるとはいえども、準備する量が多いため期間が十分にあるとなかなか言えないようですね。

同一労働同一賃金の制度は派遣社員にどう影響するの?

派遣元の賃金給与水準に労働賃金を合わせる場合

派遣社員の給与水準を派遣元の給与水準に合わせることで、どの給与水準を設定している企業に派遣されたとしても、派遣元が設定している給与水準で給与は支払われるようになっているため、派遣先に関わらずまた賃金が支払われるようになります。

これにより派遣先の給与水準が極端に低く設定されているという場合でも、派遣元の給与水準に合わせて給与が支払われるので、安心して派遣先で気にすることが可能になります。

しかし、派遣先で正規雇用者に対して支払われている給与が派遣元で設定している給与よりも高くなっている場合であっても派遣元の給与水準に合わせて労働しなければならないため、派遣先企業の中では低い給与水準の中で勤務しなければならないという問題点が発生してしまいます。

出来る限り高額な給与水準で働きたい派遣社員にとっては、出来る限り高い給与水準で設定されている企業で働いてより多く収入を得たいものですよね。

派遣先の賃金給与水準に労働賃金を合わせる場合

これに対して派遣社員の給料派遣先の給与水準に合わせる場合は、派遣先によって定められている給与に合わせた支払いがされるようになります。

給与水準を高く設定している企業に派遣される場合は、派遣社員に支払われる給料も高くなるため多く収入を得ることができますが、派遣先の企業が給与水準を低く設定している場合は、派遣社員は少ない収入で労働する必要性が出てきます。

派遣先によって給料が変わるという不安定な給与水準なら働き方になるので、派遣社員は派遣される企業がどのような給与水準を設けているかっていうの前にしっかり確認してから派遣先で働く必要性が出てきます。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金の制度契約社員にどのように影響するの?

同一労働同一賃金制度が施行されることになり、期間や労働時間に制限を設けて叩いている契約社員であっても、正社員と同様の給与水準や待遇を受けることができるように制度が定められています。

これにより契約者になることから正社員と異なった給与を得たり福利厚生の面において同等の扱いを受けるように制度が整えられるようになりました。

一時的な人員不足というわけで働くことになっている契約社員にとっては、正社員と同一の待遇で労働できるようになるので、この制度が導入されることによってかなりメリットを受けられるようになりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

派遣社員に対しては給与水準を派遣元に合わせるのかそれとも派遣先に合わせるのかというのは明確に規定されていないので、派遣元と派遣先にどのような契約がされているかというのは十分確認してから働くことが必要になってきそうですね。

契約社員の場合は、給与面のみでなく福利厚生の面でも正社員と同様の待遇になっているかというのをきちんと確認してから企業と契約を結ぶ必要が出てきそうです。

いずれにしても、働く上で少しでもメリットを受けられるように契約内容をよく確認してから就職を検討するようにしたいものですね。

 

コメント