同一労働同一賃金とは?罰則や問題点、働き方改革との関係を調査!

スポンサーリンク

2018年に働き方改革関連法案が成立し2019年の4月から施行されるようになります。

法律の中で重要な制度となっている「同一労働同一賃」

一体どのような制度になっているのでしょうか。また、私たちがこれからも働いていく上でどのように関わってくるような制度なのでしょうか。

企業がこの制度に違反することでどのような罰則が発生するかということやこの制度自体の問題点についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金って一体どんな制度?内容について解説!

同一労働同一賃金とは「同一の職種に従事する労働者は全員が同一水準の賃金が支払われるべきだ」という概念です。

近年の日本では正規労働者と非正規労働者の待遇に大きな差が生じているということで非常に問題になっています。

会社で働いている非正規労働者が正規労働者と同じような業務を行っているにもかかわらず、ただ「雇用形態が違うから」という理由のみでその方の給与のみでなく、福利厚生や今後のキャリア形成などの待遇面で大きな差が生じているという状況が発生しています。

近年日本全体が非正規労働者数が2000万人を超えるなど急激な非正規労働者の増加が見られています。

正規労働者と非正規労働者の給与時給換算してみると、非正規労働者の時給は正規労働者の70%程度にとどまるようで、さらにはボーナスや退職金といった面でも奇跡ロード挿し木されない状況ですので、収入面ではかなりの格差が生まれています。

このような待遇面のさを改善するために同一労働同一賃金という制度が制定されました。

これにより非正規労働者の賃金が上がり経済的な余裕が生まれてくることや、自分に合った働き方や生き方を選択できるようになるというメリットが考えられます。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金の星座に違反した企業に罰則はあるの?

同一労働同一賃金の制度に関して企業が違反した場合に罰則規定を設けられていません。

しかし、同一労働同一賃金のルールに違反して不公平な待遇を行っていた場合に企業は従業員から待遇格差について損害賠償請求を受けるというリスクがあります。

全ての従業員が納得のいく待遇で働くことができるような仕組みを企業側は整える必要があります。

私の勤務してる会社でも正規労働者と非正規労働者で同一の労働しているのに給与面などの待遇が違うという状況が発生しているので今後自分たちの会社がどのような制度変更を行っていくかというのは非常に気になるところです。

同一労働同一賃金の制度の問題点って何?

人件費が上昇する可能性がある

同一労働同一賃金の制度の問題点の一つとして「人件費の上昇」ということが考えられます。

今まで働いていた非正規労働者の給与を正規労働者と同一の賃金の引き上げることで、必然的に人件費が増加し、人件費が組織の経費として圧迫してしまうという可能性が大いに考えられます。

そのため人件費を削減するために企業はリストラをしたり、新しい人材を採用すること控えるなどといった対応を取らざるを得なくなり、会社経営がさらに厳しくなってくるということが考えられます。

正社員の報酬が下がる可能性がある

非正規労働者との待遇格差を是正するために、企業は非正規労働者の賃金をあげる必要がありますが、正社員の報酬を下げることで非正規労働者との賃金格差を是正するという対応をとる企業も出てくる可能性があります。

それにより正規労働者の賃金が下がるため、正規労働者の仕事に対するモチベーションが下がったり離職者が増えるといった状況につながりかねない事態は懸念されています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同一労働同一賃金が施行されることによって賃金格差が少なくなるといったメリットが考えられるため、一見働く側にメリットがありそうな制度だと思いました。

しかし、正規労働者や企業に与える問題の可能性を考えると、社会全体にとってメリットのある制度だとは一概には一概には言えないようです。

企業側にも働く側にも双方にメリットがあるようにそれぞれの会社で制度を整えていただきたいものですね。

 

コメント