テレワークと働き方改革の事例は?ガイドラインを調査!

スポンサーリンク

2018年に働き方改革関連法案が成立し、2019年から施行されることになっています。

働き方の多様化や労働人口の減少、長時間労働の問題かや過重労働の社会問題化といった様々な働き方に関する問題に対処することや、日本の生産力の効率化を推進するために様々な働き方が考えられるようになってきました。

法律が施行されることに先立って、様々な企業が多様な働き方について考え、制度を整えるようになってきました。

多様な働き方を実現する上で「テレワーク」という働き方はとても新しいもので、働く場所を選ばないということや、働く時間を自分で管理できるという魅力的な側面から、今後とても速い速度で普及していくことだと思います。

今回の記事では、 テレワークに関するガイドラインを調査した上で事例を用いながらテレワークについての知識を掘り下げて説明していきたいと思います。