天然うなぎを味わえる東京の名店をご紹介!

スポンサーリンク

こんにちは、今回もうなぎについてのお話をさせていただきますよ。

今まではブランド養殖鰻にスポットを当ててきましたが、今回はブランドうなぎと天然うなぎも味わえるお店をご紹介したいと思います。

今までにご紹介できなかった老舗や天然うなぎを味わえる東京の名店に絞り、選りすぐりのお店を皆様にお伝えしていきますよ。

それでは張り切ってご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

東京に存在する老舗の名店

平井 魚政

平井魚政トップ
平井魚政トップページ

住所:東京都江戸川区平井3-26-11

TEL:03-3636-1787

営業時間:

昼11:30~14:00(ラストオーダー13:30)

夜17:00~21:00(ラストオーダー20:30)

定休日:火曜日

赤坂 宮川

赤坂にある、うなぎ・うな重・和食の宮川本店・赤坂 宮川。個室ございます。|こだわり
赤坂にある、うなぎ・うな重・和食の宮川本...

住所: 東京都港区赤坂5-4-13 ホワイト赤坂ビル1F

TEL:03-3583-3136

営業時間:

月~金

11:30~14:30(L.O.)

17:30~21:30(L.O.)

土・日・祝日

12:00~14:30(L.O.)

17:00~20:30(L.O.)

夏期は17:00より営業。

年末年始はお問い合わせください。

万事屋 藤吉

割烹【万事屋 藤吉】|オーガニック 和食 すっぽん ふぐ うなぎ 東京 錦糸町 スカイツリー
すっぽん,うなぎ,はも,ふぐ,オーガニック野菜……全ての食材を【天然・国産】にこだわった下町の割烹。店主の優しさが食を通じて伝わる。東京都墨田区錦糸町、押上、スカイツリー近く。万事屋 藤吉

住所:東京都墨田区太平2-19-2 1F

TEL:03-3623-6618

営業時間:月~土 17:00~22:00(L.O 21:30)

※当分の間、予約のみの営業。

定休日:日曜・祭日

鰻 いづもや

日本橋 鰻(うなぎ) いづもや
日本橋 鰻(うなぎ)「いづもや」は昭和21年に創業。紀州備長炭を使用した蒲焼きのうな重から白焼きまで老舗の味をお届けしています。本店、三越店とございますので、是非ご利用ください。h1:日本橋 鰻(うなぎ) いづもやは昭和21年創業。おいしい鰻をいつでもご用意して貴方をお待ちしております。

住所:東京都中央区日本橋本石町3-3-4

TEL:03-3241-4310(本店)

営業時間:

【月曜~金曜】午前11時~午後2時 午後5時~午後10時(ラストオーダー午後9時)

【土曜】午前11時~午後3時 午後4時~午後9時(ラストオーダー午後8時)

※ラストオーダーの時間に関係なく、鰻がなくなり次第終了となることがあります。

定休日:日曜、祝日(土用の丑の日は営業)

入谷鬼子母神門前 のだや

入谷鬼子母神門前のだや
東京でうなぎと言えば入谷鬼子母神門前のだやです。

住所:東京都台東区下谷2‐3‐1〒110‐0004

営業時間:11:00~売切れ仕舞い 17:00~売切れ仕舞い

定休日:毎週月曜日 祝祭日の場合は翌火曜日休となります

以上、5店をご紹介させて頂きました!

次はお値段やメニューについてお話しさせていただきます。

肝心のそのお値段とメニューは?

5つの素敵なお店を知った所で、実際気になるのはどれほどのお値段で何が食べられるかですよね。

ここでは【平井 魚政】【万事屋 藤吉】【鰻 いづもや】さんの三店舗でそれぞれ一番高額な鰻重」とコース料理」のメニューにて、そのお値段について比較してみましょう。

うな重比較

まずはHPに掲載されているメニューから各店舗で「一番高額な」うな重メニューで比較してみましょう。

【平井 魚政】うな重 特々上 5,700円

【万事屋 藤吉】天然うな重(吸い物、お新香付) 4,750円~

※肝吸いはプラス400円です。

※白焼き、蒲焼にもできます。

※価格は大きさ肉の厚さによって変動になります。

【鰻 いづもや】うな重(笙)7,020円

※各店うな重の他にお新香、お吸い物等も含めたお値段です。

※「一番高額なメニュー」です。ランクを下げればお値段もお安くなります。

コース料理比較

次にHPに掲載されているメニューから各店舗でコースメニューで比較してみましょう。

【平井 魚政】雅コース10,000円

お通し三品/お刺身(特選盛)/焼き物  または 揚げ物/季節の特選一品/煮物/うな重(特上)/お吸物/香の物/デザート

※15000円の厳選お任せコースが存在しますが、うなぎのコースなのかが明確でないため、ここでは雅コースを一番高額とさせていただきます。

【万事屋 藤吉】天然うなぎ[梅]コース15,000円

付き出し・天然魚の刺身盛り合せ・すっぽん煮こごり・天然うなぎ白焼き・天然うな・吸い物・お新香・デザート

【鰻 いづもや】うなぎづくしコース 三番叟 さんばそう14,040円

お料理7品(前菜・肝焼き・う巻き・白焼き・生醤油焼き・いづも焼き ・うざく)+うな重(竹)

上記が比較となります。

こうしてみてみると、【平井 魚政】さんが全体的に真ん中な様子ですね。

コース料理はメニューとお値段を比較して見てみるとそう違いがあるようにも思いませんが、やはり【万事屋 藤吉】さんの梅コースは豪華な印象があります。

今回はホームページ掲載のメニューからこうした比較をしていますが、天然うなぎは「時価」である事が多く、上記のお店でも天然うなぎは時価での提供になる事があります事をご了承下さい。

さて、各結果から平均を割り出してみますと、

うな重(最高額)平均額  5,823円

コース料理   平均額  13,013円

という結果になりました。

これはあくまでも上記の3店舗だけで比較し平均を出した結果である事をご留意ください。

ブランド養殖うなぎと異なり、天然鰻は時価での提供になる事が多いですので、一概に「これがあの3店舗の平均だ」とは断言できませんが、ホームページ上情報からはこうなりました。

とても貴重な天然鰻、そして美味しい老舗の鰻屋さんへ行くのですから、懐には大きな余裕を持っておきたいですよね。

上記のお店の中には鰻だけでなく、他のお魚やカニ、焼き魚、刺身も美味しいお店があります。

まとめ

以前のご紹介と違い、今回は天然うなぎが食べられる東京のお店に焦点を当ててお話しさせていただきました。

ブランド養殖うなぎを食べたのなら、次に目指すは天然うなぎ!というのも自然な流れかと思います。

これを機に、養殖うなぎと天然うなぎの違いをその舌で感じてみては如何でしょうか?

東京近辺の方、お仕事や旅行で東京に足を運ぶことがある方、是非とも美味しいうなぎ屋さんにも足を運んでみて下さいね。

コメント