内山理名の現在は?2017年と2016年の主な活動をまとめてみた!

これまで数々のドラマや映画に出演してきた内山理名さん。

大人の魅力と落ち着いた雰囲気が目を引き、演技力も高いことから出演作はいつも話題となるほど。

今回はそんな内山理名さんのプロフィール現在、2016年と2017年の主な活動などについて探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

内山理名のプロフィール

名前:内山理名(うちやまりな)

生年月日:1981年11月7日(35歳)

身長:157cm

血液型:O型

yoga journal 最新号❤️発売中 ・ ・ 今回の連載は 日本のアシュタンガヨガをリードするクランティ先生との対談でした。 ・ これまでに厳しい言葉をもらっていた先生だったので緊張…!! ・ しかし お話しを進めていくと プロフェッショナルとしての説得力のある言葉はもちろん 謙虚な言葉の数々にも驚かされました。偉大な先生とはこういうことですね…。 ヨガティーチャーでなくても響くところたくさんあるので 是非 手にとって読んで頂きたいな♡ ・ ヨガとはね 『繋ぐ 結ぶ』という意味なの。心と体もそうだし 気付きだったり 出会いもそう。ヨガを通じて また素敵な出会いと学びに感謝です✨ ・ ・ #yogajournal #yoga #yogateacher #underthelight #wear #kranti

内山理名さん(@rinauchiyama_official)がシェアした投稿 –

高校1年の夏休み最後の日に芸能事務所スタッフによってスカウトを受けた内山理名さん。

1998年、「フロム・エー」(リクルート)のCM出演でデビューしました。

女優としては同年、ドラマ『美少女H』でデビューし、さらに翌年の連続ドラマ『美しい人』で田村正和の娘役を演じるなど、高い演技力を見せつけ話題となりました。

2005年10月に『大奥〜華の乱〜』で連続ドラマ初主演を果たし、2008年にはシェークスピア原作・蜷川幸雄監督『リア王』のヒロイン・コーデリア役で初舞台を踏んでいます。

主な出演作品は『大奥〜華の乱〜』『嫌われ松子の一生』『生徒諸君!』など。

わりと多趣味なようで、いろいろなことに挑戦してきた内山理名さん。

特技は料理と書道だそうで、料理は自ら健康レシピを考え家族や共演者とレシピを交換をしているようです。

ちなみにその中でも得に得意なのはバナナケーキ。

書道は七段の腕前で、番組でもその達筆ぶりを披露しています。