黒柳徹子の嵐との掛け合いが秀逸!年齢を感じさせないインスタは本物か?

スポンサーリンク

つい先日、黒柳徹子さんが「嵐にしやがれ」に出演しました。そのときの徹子さんと嵐の掛け合いが面白すぎる!と話題に。

最近ハマっているインスタにも注目です。

徹子さんは嵐が大好き!

実は徹子さん、嵐が気になっているらしいです。

きっかけは毎年恒例の「徹子の部屋スペシャル」で福岡に嵐のコンサートを見に行ったこと。

インスタでは

「会場中移動できる装置や、嵐のみんなの踊りと歌、キラキラの衣装、コンサートを観に来てるすべてのお客様が、立ち上がって飛び跳ねていた。嵐のコンサートチケットは、なかなか手に入らないということも、その時に知った!だから、私もみんなと同じように歌を聴きながら飛び跳ねて楽しんだ」とすっかりご満喫の様子。

 

「普段なら、2時間も3時間も飛び跳ねたりなんかしないので、終わった時には身体中の血がチャッポンチャッポンと音を立てて動いてるようだった」

と徹子さんらしい意味不明な(?)言葉で感動を表していました。

 

身体中の血がチャッポンチャッポンって…どこか1ヶ所に血が溜まっているかのような表現が斬新です。

 

さらには

 

「なにしろ嵐は、コンサートを盛り上げるのが上手。それで、嵐のみんなは、話もおもしろい。だから、会場に来ていた観客のみんなも、きっとチャッポンチャッポンになっちゃてたと思う。そんなわけで、嵐の番組に出させていただいて、とっても嬉しかった。是非、見てくださいね!」と大絶賛。

いくら番宣でも、ここまで言うということはかなりの嵐好きですね。

「嵐にしやがれ」での掛け合い

番組の企画で「黒柳徹子にぶつける禁断の質問50連発!」が放送されました。

これが面白い!

ファッションに関するこだわりは?という質問。

 

嵐のメンバーは「必ず自分で買う」「好きなものしか着ない」などと答えますがいずれも不正解。

 

そんな中、「はい!わかった!」と手を挙げた二宮君。

 

「ノーブラ!!」

 

アイドルらしからぬ回答に徹子さんは「よくわかったわね」とニヤニヤ。

 

番組進行をしていた、平成ノブシコブシの吉村さんは、すかさず「ずっと胸元を見てましたもんね」と二宮君にツッコミを入れていました。

 

二宮君も、目の周りを手で囲んで、その上からチラッとのぞき見のポーズ。

さすが、最近のジャニーズは空気を読むのが早い!

すると、今度は相葉君が「下は履いてるんですか?」と徹子さんに質問。

徹子さん、はこれにも笑いながら「履いてます」と余裕の表情で答えていました。

徹子さんに「ノーブラ」発言ができる二宮君、さらに下の話を持ちかける相場君。

最近のジャニーズは進化してますね。

でも、2人が発言してもいやらしく聞こえないのがやっぱりジャニーズ。

徹子さんも楽しそうでした!

続いて、好きなギャグはある?の質問。

「ヒロシです」

おいおい、何年前のネタだよ!と思わないでください(徹子さんは真面目に答えていました)。

なぜか話の流れでヒロシの代役に抜擢された大野君。

おなじみのBGMが流れると、照明が落ち、両手をポッケに入れてたたずんでいます。

「嵐のリーダーやってるけど、リーダーらしいことなんて、1度もやったことなかとです」

「上手~い!」と徹子さん。

うれしくなった大野君は第2弾を発射しました。

「夜、歯を磨くと、えずくとです。サトシです。サトシです。サトシです…。」

徹子さんは「「すごい!似てる!」とまた大絶賛。

そしてとうとう徹子さん、

「徹子です。あたし、目の周りにお化粧なんてしてないのよ(笑) 徹子です。徹子です。徹子です」

素晴らしい反応です!!

話題のインスタは本物?

「嵐にしやがれ」の中でも、最近ハマっていることは?の質問に「インスタ」と答えているほどお気に入りのようです。

そもそも、徹子さんがインスタを始めたきっかけは、「徹子の部屋」に出演した福山雅治さんの一言。

福山さんが、徹子さんの自撮り写真を見て「インスタにアップしてみたらすごく人気になると思います」と番組中に提案しました。

早速23日にアカウントを開設し、つけまつげが落ちてしまったお茶目なショット初投稿。

今やフォロワー数64万越えです!

その後も、有名人とのツーショットだけでなく、女子らしいスイーツやド派手なファッションなど、83歳とは思えないインパクトのある色彩豊かな写真をアップしています。

でも、どの写真も徹子さんらしい派手さなので、インスタは本物に違いありません!

黒柳徹子伝説!あの髪型はダテじゃなかった!
黒柳徹子のまとめ記事

まとめ

最近の徹子さんは自由度が増して、楽しそうですね。

そんな徹子さんを見ていて勇気がもらえるのは私だけではないはずです!

まだまだ、私達のためにもがんばって欲しいですね。