西野監督と草刈正雄が似てるのは親戚だから?家族構成や経歴を調べてみた

2018年のロシアワールドカップが開催されていますが、日本サッカー界のドタバタ劇に巻き込まれてしまった感のある西野監督ですが、初戦のコロンビア戦を勝ち常勝ムードが漂っています。

この時の人でもある西野監督が草刈正雄さんと親戚関係では?と言う噂話がネットで駆け巡っています。

理由は顔が似ているから・・・微妙ですけどね~

スポンサーリンク

サッカー日本代表の西野監督の家族構成や経歴は?

日本代表監督を務めるのは、西野朗監督です。

1955年4月7日生まれの現在63歳です。

60歳を超えているとは思えないほど、若い印象がありますね。

埼玉県浦和市出身で県立浦和西高校から早稲田大学へと進学しています。

サッカーどころの埼玉県出身でサッカーの名門の早稲田大学に進学するほど、サッカープレイヤーとしては一流と言った所です。

それに在学中には日本代表に選ばれていたりもしています。

卒業後には日立製作所に入社した後は成績が伸び悩み、1990年にプレイヤーとして引退しています。

その後は指導者として、91年からU-20の日本代表監督を務めて94年のアトランタオリンピックでブラジルに勝利する、マイアミの奇跡で有名な監督となります。

1998年からJリーグの柏レイソルを始めガンバ大阪・ヴィッセル神戸・名古屋グランパスと2015年まで監督として就任しています。

柏レイソルと・ガンバ大阪では優勝経験も有る事から指導者としてはかなり優秀な方と言う事になります。

では、西野監督の家族構成はと言うと、奥様と長女と長男の4人家族になります。

西野監督以外のご家族は一般人という事で、明らかにされてはいません。