木村文乃のコスプレが足フェチにはたまらない!ドラマサイレーンで見せた色気!

スポンサーリンク

新ドラマ「ボク、運命の人です。」で、思い切ったショートボブで役作りをしている木村文乃。

 

松坂桃季との濃厚キスシーンで話題になった「サイレーン」でコスプレを披露しています!

 

気品がありながら、気の強そうな・・・そんな中でも色気を感じる木村文乃の魅力が羨ましい。

 

って事で、サイレーンでのコスプレ姿や新ドラマでの役を含め、木村文乃の魅力はどこからくるのか・・・男性も女性も知りたいですよね?

 

 

スポンサーリンク

話題になったドラマ「サイレーン」

 

木村文乃と松坂桃季が共演し、刑事であり実は恋人役である2人の演技が大きな話題となりました。

 

出典:http://gomomose.com/wp-content/uploads/2015/10

 

恋人役だから、当たり前なのですが・・・キスシーンが・・・多い!濃厚!

 

見ていたらもう見ている方が恥ずかしい!と言いたくなる程、リアルな恋人以上とも思える演技力で、見る人を困惑させたキスシーンがかなりの話題となりました。

 

このキスシーンに関してはかなりの反響があり「これマジなやつ!?」「濃厚過ぎない!?」と視聴者の中では様々な憶測を呼んでしまう程話題となりました。

 

松坂桃季も、そのイケメンぶりと演技力ゆえ、熱愛疑惑を思わせる程の実力派俳優である事もあり・・・後に、木村文乃と松坂桃季の2人は熱愛疑惑まで浮上してしまうほどの白熱の演技でした。

 

女優としても俳優としても、互いに実力のある演技派だったからこそ、現実とリンクしてしまうようなリアルなドラマ演出が出来たのでしょうね。

 

 

あの木村文乃がコスプレ!?

 

その話題ドラマ「サイレーン」の中で、木村文乃が見せた衝撃かつ木村文乃独特の色気満載なコスプレを2つ紹介します。

 

ミニスカポリス!的な婦警コスプレ!

 

https://news.walkerplus.com/article/68769/image385434.html

 

スタイルが凄くいいですよね・・・女優としても女としても女性にとっては憧れのプロポーションと実力があって、これは、ずるい!

 

一般の人がコスプレしていても似合っていたら“婦警コスプレ”はかなり高得点です!

 

でも、これって似合う人ってかなり少ないと思いますし、スタイルが良いか、欧米的グラマーか、二択だと思いませんか?

 

木村文乃のイメージからコスプレって!って初めは思いましたけど、劇的に似合っていて・・・ただ羨ましいですね。

 

その2として“ロリータファッション”のコスプレです。

 

https://news.walkerplus.com/article/68769/image385438.html

 

か、可愛い!!理想の女性!!

 

こんな美形でスタイル抜群の木村文乃にこんな格好されたら、女性としても惚れちゃいますよ?

 

まずイメージが無いし、ロリファッションしている木村文乃が想像できなかった!

 

役柄、カッコイイ・綺麗女性のイメージが強い木村文乃がこんなにも女性らしく可愛らしい花柄のミニスカート・・・衝撃的でしたけど、さらに木村文乃の魅力が引き出されましたね。

 

双方共に、ミニスカートで足の露出が多いだけあって、男女問わず足の綺麗さにも見とれてしまうほどの美足で、スタイルの良い彼女とは言え、そんなに多く足を露出するタイプの女優さんではないので、余計に衝撃的だったと言うか・・・トップモデル顔負けのかなりの美足です。

 

 

【関連記事についてはこちら】

木村文乃は向井理の胃袋を掴んだ!?アプリ化するほど料理が上手い!

木村文乃が旦那千葉大樹と不仲説??新しい結婚相手はドラマで共演した松坂桃李か?

木村文乃が松坂桃李に口移し?モニタリングとのギャップがかわいい!

 

 

まとめ

 

濃厚なキスシーンにしても、意外なコスプレにしても「サイレーン」出演によって、木村文乃の新たな魅力や色気が万歳に引き出されていて、見ていてとても印象に残った作品でした。

 

スタイルの良さには、ただただ驚かされました!

 

新ドラマ「ボク、運命の人です。」の役柄もまた、木村文乃にとって新たなキャラになるのでは!?と期待大で、原作が無いだけにドラマの展開や役のキャラが変化して行く様子もかなりの見どころです。

 

可愛い大人女子なイメージになっている、今のショートボブの木村文乃も魅力的ですよね。

 

トップ画像出典:https://matome.naver.jp/odai/2142636482367313301/2146386665943504903

コメント