カルロス・ゴーンの港区の自宅マンションの家賃や価格、世界中の別荘を調査!

スポンサーリンク

2018年11月に金融商品取引法違反で逮捕された日産の元会長カルロス・ゴーン容疑者ですが、捜査が進むにあたって給料を実際の金額よりもかなり少なくして申告していたり、世界中に点在している別荘などの存在も明らかになり始めています。

カルロス・ゴーン容疑者にも当然ながら家族がいますから、その住まいはどういったものだったのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルロス・ゴーン容疑者の港区にある自宅マンションの家賃や価格はいくら?

カルロス・ゴーン容疑者は日産拠点に活動していた訳ですから、当然ながら住まいは日本にあります。

この事件が発覚してから、その自宅をも日産に買わせておいて、家賃は支払わないという暴利をむさぼる形になっています。

カルロス・ゴーン容疑者が住んでいたと言われるのが、東京都港区元麻布に建っている「元麻布ヒルズ」という高級タワーマンションなのです。

マンションの発売当時(2002年)の価格は1階でさえも億単位の価格が付くほどだったのです。

これほどの高級マンションに住んでいるというのですから相当な額で日産に購入させていたのでしょう。

この元麻布ヒルズの最上階に住んでいたカルロス・ゴーン容疑者です。

最上階なんていくらするのでしょう?

1㎡=200万円以上と言われているだけに、カルロス・ゴーン容疑者が住んでいた最上階の価格が気になります。

最上階の広さは240㎡をゆうに超えている広さになっているのです。

単純に計算しただけでも4億8000万円という価格になります。

購入した時はこれよりも高かったはずです。

では、この元麻布ヒルズを賃貸した場合の家賃はどのくらいになるのか?も興味が出てきます。

平均的な家賃は50~60万円と言われています。

マンションは上に行けば行くほど家賃も高くなっていきます。

最上階で家賃を払うとなると、軽く200万円は超えてくるそうです。

どれだけ高級な所に住んでいたのでしょう。

まさに、日産を私物化していたという以外に言葉が見つかりませんね。

カルロス・ゴーン容疑者が購入させたという世界中の別荘はどうなっているのか?

カルロス・ゴーン容疑者は元麻布ヒルズ以外にも、世界各国に別荘を購入させておき家賃は払わないという事を行っています。

現在、わかっているだけでも、フランス・パリ、オランダ・アムステルダム、レバノン・ベイルート、ブラジル・リオデジャネイロです。

フランス・パリに購入したのが、パリ郊外ブローニュ・ビヤンクールのアルフォンス・ル・ギャロ通りに面する高級住宅です。

セーヌ川沿いに建てられているようですから、かなり優雅な風景を見ることができそうです。

また、オランダ・アムステルダムでも購入したと言われています。

但し、非常に情報が少ないというよりも皆無に近いです。

こちらにも購入したと考えるとやはり、ルノー又は日産のオランダ拠点の近くではないのか?という考えになりますね。

レバノン・ベイルートはカルロス・ゴーン容疑者が幼少期から過ごしていた地域だけに、確実に自宅扱いに近い物だったのでしょう。

この住宅があるのはベイルートでも有名な高級住宅街の様です。

サウジの億万長者の家がある等、相当高そうな地域です。

10億円で購入してリフォームに7億円、合計17億円もかけていたようです。

レバノンの物価がわかりませんが、日本でも17億円は高いですから、レバノンの方々にとっても、また一人お金持ちが家を購入したと思っているのでしょうね。

ブラジル・リオデジャネイロの郊外にあるレブロンのティモテオ・ダ・コスタという場所にあるマンションを購入しています。

大理石で埋め尽くされていると言われているマンションですから、相当な価格で購入したのでしょう。

またこのマンションからはブラジルの象徴でもある、山の上にそびえ立っているキリスト像が見えることから、相当な高級住宅エリアになっている様です。

近くのマンションの金額が約3億円となっているので、それと同等、若しくはそれ以上の金額で購入していると考えるべきなのでしょう。

わかっているだけでこれだけあるのですが、総額は最低でも30億円位かかっているのではないでしょうか。

まとめ

カルロス・ゴーン容疑者が住んでいた元麻布マンションや世界中の別荘などをいろいろ紹介してきました。

確かに倒産確定の日産を現在の状態に回復させたのは、カルロス・ゴーン容疑者の功績でしょう。

しかし、ここまでの日産を私物化してかつ報酬を得てそれすらも過少申告している訳ですから、コストカッターの異名がウソに聞こえます。

リストラされた方々は何だったのでしょうか?

実際は村山工場を閉鎖しなくてもV字回復させることができたのでは?と疑問に思えてきます。

スポンサーリンク

コメント