宮崎勤の一族の末路が悲惨。家族のその後の内容をまとめてみた。

世間を揺るがした小児愛凶悪殺人者、 宮崎 勤。

かなり有名な話ですよね。

想像するだけで鳥肌が立ちます…。

そんな宮崎 勤の家族のその後を調べてみて色々振り返りたいと思います。

連続幼女誘拐殺人事件

宮崎 勤(みやざき つとむ 1962年8月21日〜2008年6月17日)。

日本の確定死刑囚。

1989年7月23日、 わいせつ事件を起こそうとしていたところ被害者の父親に取り押さえられ、 宮崎 勤は強制わいせつ容疑で現行犯逮捕された。

8月9日から連続幼女誘拐殺人事件への関与を認め、 8月10日にその供述どおりに遺体が発見され翌日8月11日に連続幼女誘拐殺人事件で再逮捕された。

以後、 次々に事件が明るみになり裁判官が「死刑くらいでは収まらない残酷な出来事だ」と死刑判決を下した。

宮崎 勤は事件に対する反省もなく遺族に対し謝罪の言葉も最期まで無いまま、 東京都葛飾区 東京拘置所にて死刑決行。

2008年6月17日(満45歳没)。

犠牲者4人。

※裁判中に落書き。 なんとも不気味な絵ですね…ゾッとします。


https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

スポンサーリンク