カルロス・ゴーンの家族の職業や経歴は?娘や子供の経歴も調査!

2018年11月に金融商品取引法違反で逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者ですが、彼の家族構成や家族の職業・経歴はどうなっているのでしょう?

やはりカルロス・ゴーン容疑者のように華麗な経営手腕を振るっているのでしょうか。

世界の経済界の顔ですが、基本的には、一般人ですから、プライベートな事まではと思いますが、ここまで有名だと一般人とは言えないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

カルロス・ゴーン容疑者の妻の職業や経歴は?

カルロス・ゴーン容疑者は現在、妻・息子1人に娘3人という家族構成になっている様です。

現在の奥さんが、キャロル・ナハスさんという方で、ブロンド系の美熟女といった印象を受けます。

2016年に結婚した時は50歳でしたから、2018年現在では52歳になっているはずです。

このキャロル・ナハスさんとの結婚披露宴は、ベルサイユ宮殿の一部を貸し切って行われ、スタッフの方は当時の時代の姿をしているなど、かなり凝っています。

これもゴーン容疑者の逮捕後に明らかになっています。

このキャロル・ナハスさんの職業や経歴は、ほとんどが情報開示されていません。

一般の方ですから当然なんでしょうが、表に出てこないだけかもしれません。

では、前妻の方は?となりますが、名前はリタさんという方です。

確か本も出していたはずです。

それに代官山に「マイ・レバノン」というレバノン料理の店も出していたようです。

ゴーン容疑者を知りあった時は、フランスで薬学を学んでいたという事ですから、かなり知識レベルも高かったのかもしれません。

この前妻のリタさんとの離婚の原因はゴーン容疑者のDVが原因だったのではと考えられています。

表ではカリスマ経営者、裏では暴力亭主。

ジキルとハイドみたいですよね。人は見かけにはよらないんですね。