カルロス・ゴーンの家族の職業や経歴は?娘や子供の経歴も調査!

スポンサーリンク

2018年11月に金融商品取引法違反で逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者ですが、彼の家族構成や家族の職業・経歴はどうなっているのでしょう?

やはりカルロス・ゴーン容疑者のように華麗な経営手腕を振るっているのでしょうか。

世界の経済界の顔ですが、基本的には、一般人ですから、プライベートな事まではと思いますが、ここまで有名だと一般人とは言えないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルロス・ゴーン容疑者の妻の職業や経歴は?

カルロス・ゴーン容疑者は現在、妻・息子1人に娘3人という家族構成になっている様です。

現在の奥さんが、キャロル・ナハスさんという方で、ブロンド系の美熟女といった印象を受けます。

2016年に結婚した時は50歳でしたから、2018年現在では52歳になっているはずです。

このキャロル・ナハスさんとの結婚披露宴は、ベルサイユ宮殿の一部を貸し切って行われ、スタッフの方は当時の時代の姿をしているなど、かなり凝っています。

これもゴーン容疑者の逮捕後に明らかになっています。

このキャロル・ナハスさんの職業や経歴は、ほとんどが情報開示されていません。

一般の方ですから当然なんでしょうが、表に出てこないだけかもしれません。

では、前妻の方は?となりますが、名前はリタさんという方です。

確か本も出していたはずです。

それに代官山に「マイ・レバノン」というレバノン料理の店も出していたようです。

ゴーン容疑者を知りあった時は、フランスで薬学を学んでいたという事ですから、かなり知識レベルも高かったのかもしれません。

この前妻のリタさんとの離婚の原因はゴーン容疑者のDVが原因だったのではと考えられています。

表ではカリスマ経営者、裏では暴力亭主。

ジキルとハイドみたいですよね。人は見かけにはよらないんですね。

カルロス・ゴーン容疑者の娘や他の子供の職業や経歴は?

カルロス・ゴーン容疑者と生活を共にしていた子供は、長男のアンソニーさんと長女キャロラインさん・三女マヤさんです。

次女のナディーンさんはニューヨーク在住という事で一緒には生活していません。

学歴がわかっているのは、長女キャロラインさんと次女のナディーンさんの2名のみで、オックスフォード大学を卒業しています。頭脳明晰なんですね~。

次女のナディーンさんがニューヨーク在住な理由はいつは彼女は自分で立ち上げた「NADINE GHOSN」というジュエリーブランドの社長兼デザイナーをやっている様です。

カエルの子はカエルという事でしょうか。

ジュエリーブランドなんですが・・・ある意味どうなんでしょうか?

金の達磨の指輪や天ぷらのチャーム・抹茶立てのチャーム・鉄火巻きの断面の指輪など、日本のテイストのデザインになっています。

このジュエリーブランドが売れているのかはわかりませんが、経営を続けているという事はそれなりに順調という事なのでしょう。

利益が上がっても父の様な事はしないでもらいたいですね。

それはそれで、カエルの子はカエルになってしまいますからね。

もしかすると、このジュエリーブランドの資本にも日産のお金が流れ込んでいる可能性があることは否定は出来ないですよね。

何十億というお金を日産側に支払わせていた訳ですから、娘のジュエリーブランドの出店費用くらいは、確実にごまかせる金額でしょうからね。

まとめ

カルロス・ゴーン容疑者の奥さんの経歴や子ども達の職業経歴を紹介してきました。

長男と三女の学歴・職歴は不明です。

また今の奥さんにも、息子と娘がいますから、合計6名の子どもの親となる訳です。

今の奥さんの子どもは日本にはいないようです。

今回の事件が発覚しなかった場合には、この様な情報すらも出てこなかったのではないでしょうか。

カリスマは情報統制にも長けているという事なのでしょう。

スポンサーリンク

コメント