携帯電話料金制度が変わる前に機種本体を買うのが正解?それとも変わってから?

スポンサーリンク

三大キャリアと言われている、ドコモ、au、ソフトバンクが、携帯電話料金を2割〜4割ほど安くすると公言しています。

世界と比較してみても日本の携帯電話料金は高いと言われてきましたが、とうとう安くなる日がやってくるようです。

ユーザーとしては嬉しい限りなのですが、手放しで喜べない人も中には出て来そうな気配があります。

一足先に新料金プランを実施しているソフトバンクを見ながら、機種本体を料金制度の改革の前に買うのが良いのか、後に買ったほうがよいのか、検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

ソフトバンクからみる新料金プランの特徴は?

通話基本料金(従量制・ウェブ使用料300円込み)については、まとめるとこんな感じになります。

  • 2年契約無し:4,200円
  • 2年契約有り:1,500円
  • 2年契約フリープラン:1,800円(*2年契約した後3年目から縛りがなくなるプラン)

通話基本料金については2年契約があった方が、料金が安くなりそうです。

他にも、24時間通話し放題の「定額プラン」や5分以内の通話し放題の「準定額プラン」などがあります。

次に本体価格を割り引いてくれる、月々割についてまとめると、

  • 2年契約無し:月々割あり
  • 2年契約有り・2年契約フリープラン:月々割なし

今までのような、2年契約したら本体価格をお安くしますということは無くなりました。

むしろ2年契約無しの方が月々割があるようになったのです。

これらのことから、

  • 2年契約無しの場合、基本料金は高いけれど本体価格を割り引きますよ!
  • 2年契約してくれたら、本体割引はないけれど月々の基本料金をうんと安くしますね!

といったように解釈できそうです。

次に通信料について見てみましょう。

  • 50G定額料金、動画SNSなど指定サイトでは使い放題 (5,980円)
  • 使った分だけ料金がかかる従量制(2,480円~6,980円)

*一年目だけ各料金から1,000円引きになります

動画SNSなどが使い放題となる料金プランは、格安SIM各社も追従しているところが多くとても魅力的なプランだといえます。

安くなったのかどうか、分からなくなってきそうなので、料金のシュミレーションをしてみましょう。

通話もそんなにしないし、データー量は1GBいかないくらい、本体は買わない、2年契約ありでという場合で考えてみます。

通話料金:1,500 + 通信料金:2,480 =3,980円

実際には、キャンペーンとか色々割引がありますので、変動することがありますが、ざっと計算するとこんな感じになりました。

みなさんの普段の料金とどれくらい変わりましたか?

これは、余り使用しない場合なので、電話を掛ければかけるほど、データを利用すればするほど金額は高くなります。

ソフトバンクの新料金プランをみると、今まで問題視されていた「使用料と端末料金が一緒になっている」といった事が解消されているようです。

一方、2年縛りと言われる決められた期間契約を行い中途解約の際には違約金を支払わなければならないといった、「2年契約」は今後も継続されるようです。

スマホ本体の割引は?

一足早く新料金プランを実施しているソフトバンクに、スマホ本体の割引サービスがないか探してみたところ、「半額サポート」というサービスがありました。

これは、機種本体を48回払いで購入し、半分支払った25ヶ月目で残りの機種代をチャラにしてくれるというものです。

25ヶ月後にはまた半額サポートに入り新しい対象機種本体を購入しなくてはならないことや、今まで使っていた本体は返却しなくてはいけないなど、色々と制約がありますが、最新の機種を安く使うことができるという面からみると、お得感がありそうです。

また、ドコモではまだ新料金プランの詳細を発表していませんが、ドコモ Withという割引サービスを行なっています。

指定機種を購入すれば、月々の使用料がずっと1,500円引きになるというものですが、これは、パケットパック定額料、基本プラン使用料から割引になるので、本体価格が安くなるというものではありません。

それに、ドコモWithの対象機種は、ハイスペックとは言い難いものが多いので、スマホに高規格を求める人にはむいていなさそうです。

ただ、中堅のスマホを長―く使う人にはとてもお得なプランだといえます。

ソフトバンクの新料金プランから考えると、三大キャリアの新料金プランが本体分離になることは間違いがなさそうです。

ということで、自分好みのハイスペックな機種をお得に手に入れたいのなら、新料金プランになる前に購入する方がよさそうですね。

まとめ

  • ソフトバンクの新料金プランは、本体料金が分けられている「本体分離型」
  • おそらく、ドコモやauも本体分離型で使用料を安くしてくると考えられる
  • 自分好みの高規格なスマホを安く持ちたい方は、新料金プランになる前に購入するのがおすすめ。

コメント