PayPayとは?メリットデメリット、加盟店や使い方を調査!

スポンサーリンク

PayPayという支払いサービスをご存知でしょうか?

名前は知っているけど、詳しくは知らないという方もまだまだ多いサービスです。

利用することによって、得られるメリットもありますし、逆にデメリットも存在しているので、それぞれ詳しく説明していきます!

また、気になる使い方や加盟店の説明もするので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもPayPayとは何か

実は、まだまだPayPayの歴史は浅く、2018年10月からサービスが開始されました。

なので、これからどんどん良くなっていくサービスだろうと期待されています。

大手企業のソフトバンクとヤフーが出資し合弁会社「PayPay株式会社」を設立し、サービス提供を始め、サービスに関してはインド大手スマホ決済会社である「Paytm Inc.」の技術協力を得ています。

お店にあるQRコードを読み取るか、自身のスマホに提示したバーコードをお店側に読み取ってもらって、決済完了!という財布を出さずにお買い物が完結する画期的なサービスです。

PayPayのメリットデメリット

最近では、色々な会社で同じようなサービスを提供していますが、PayPay特有のメリットがあります。

まず、PayPayでは、支払い金額の0.5%相当のPayPayボーナスというものが支払ったその場でもらえます。

このPayPayボーナスというのは、ポイントのようなもので1ヶ月5,000円相当までとはなっていますが、お買い物に使用することができます。

また、PayPayはもともと銀行口座にチャージしていた残高を使用したり、Yahoo!マネーから支払うことになるので、クレジットカードを持っていなくても対応が可能というのは便利です。

多くの人がクレジットカードを利用しているイメージですが、未成年だったりクレジットカードを持つのに抵抗感のあった人には特におすすめしたいです。

その他にもメリットはたくさんあります。

スマホだけで支払いが完結してしまうこともそうですし、PayPayに新規登録すると500円分のPayPay残高をもらうこともできます。

また、現在は登録することもチャージすることも全て手数料等無料になっているので、利用しやすく、「試しにやってみようかな?」という人にとっては使いやすい支払いサービスかもしれません。

一方で、デメリットもあります。

2018年10月にサービスが開始し始めたばかりなので、まだまだ対応している店舗が少ないということです。

後ほどお伝えしますが、店舗数の少なさというのは近所でどこでも気軽に使用できるという感覚がなく、不便に感じやすいです。

ただ、この点に関してはどんどん増えていく予定なので、デメリットに感じなくなる可能性が大です。

また、チャージ方法は併用することができず、色々な方法でチャージしていると混乱してしまうことがあります。

慣れていない間は、本当に支払いが完了したのか不安に感じるかもしれませんが、どんどん使っていくうちに慣れていくので、おすすめです。

一度こうしたサービスを利用すると、お金を持ち歩く方が怖いことだったのでは?というような気持ちになってしまうのが、不思議です。

利用できる加盟店一覧

今現段階でPayPayが使用できる加盟店は以下の通りです。

【飲食系】

  • 魚銀
  • 魚民
  • 魚萬
  • カラオケ歌之助
  • 268円厨房うちくる
  • おいでホルモン
  • 俺の串かつ黒田
  • くろ◯
  • 白木屋
  • 千年の宴
  • 高田どり酒場
  • 月の宴
  • みつえちゃん
  • 笑笑
  • めでた家
  • 和民
  • にくスタ

【家電量販店】

  • EDION
  • コジマ
  • Joshin
  • ソフマップ
  • TSUKUMO
  • 100満ボルト
  • ビックカメラ
  • BEST電機
  • マツヤデンキ
  • ヤマダ電機

【交通会社】

  • 江ノ島タクシー
  • 三和交通
  • 第一交通

【コンビニ】

  • Family Mart

多くの人が利用するコンビニが現在では、Family Martしか使えないというのはちょっとデメリットに感じます。

しかし、家電量販店や飲食店ではかなりの店舗で使用することができるので、よく行く人にとっては嬉しいですよね。

また、この他にも近日対応予定の加盟店は続々登場しているので、詳しくはPayPay公式ホームページもしくは公式アプリにて確認してみてください。

PayPayの使い方

PayPayの使い方は、2つあります。

まず、お店にQRコードがある場合です。

この場合は、スマホでお店のQRコードを読み取り、会計額を入力します。

そして、スタッフがスマホ画面を確認するだけで会計が終了です。

次にスマホにバーコードがある場合は、もっと簡単ですよ。

スタッフにスマホのバーコードを提示し、読み取ってもらったら完了です。

非常に簡単で、手軽なのですぐに理解できると思います。

支払い方法としては、Yahoo!マネーとクレジットカード、銀行からチャージしたPayPay残高で支払いをします。

この際に、Yahoo!マネーとクレジットカードを併用することはできません。

この点だけ注意していたら、自分がよく行くお店の買い物がPayPay加盟店の場合、本当にお財布を持つ必要がなくなりますし、ポイントカードだって不要になります。

まとめ

便利なPayPayですが、まだまだ改善点はありますし、加盟店も少ないです。

ですが、今後確実に普及している支払いサービスになるので、知っておくだけでもかなり違いますよ。

お得なキャンペーンを開催していることも多いので、PayPay残高を増やしたいなと思っている人であれば、絶対にキャンペーン期間中に多く使用してくださいね。

スポンサーリンク

コメント