厳島神社の鳥居はなぜ倒れない?構造や腐食しない理由を調査!

厳島神社の大鳥居はどうして海の中にあるのか?その理由は?

厳島神社の鳥居は本殿から沖合約200メートル海の中に建てられていますが、何故、海の中に建てられたのでしょうか?

厳島神社のある宮島は、昔から神々が降臨し、島全体に神様が宿るされ信仰されて来ました。

その為、宮島の木を伐採したり、土を動かかす事は、神様に対してやってはいけない事と考えられていました。

その為、この土地をいじる必要の無い海に、神社の社殿や鳥居が建てられたと言われています。

神社を立てたいけど立てる土地が無いから、海の中へ建てちゃえ的なノリで建てちゃった感じなのでしょう。

厳島神社の大鳥居は腐食しないの?倒れないの?

この厳島神社の鳥居ですが海の中にあり、腐食して鳥居は倒れないの?という疑問が湧いてきます。

実は、現在の厳島神社の大鳥居は、記録上、八代目となります。

過去に何度も建替えられています。ですので、決して腐食していな訳ではありません。

現在建っている鳥居は、明治時代に立ったものですが、それにしても、100年以上は経過しているので丈夫な事に間違いないですね。

倒れない理由は?

鳥居は60トンもの重さがあります。

そして主柱周りは10メートルもあり、柱の下部を花崗岩で支えています。

この鳥居ですが、何百年の間、屈強な基礎が刺さっているわけでは無く、鳥居自体の重さで倒れずに立っていますが、その秘密は鳥居の屋根の部分にあります。

こんな大きな物に基礎の杭が無いなんて驚きです。

鳥居の屋根の部分が箱状になっていて、そこに玉石が詰め込まれていて重量を増やして重さを増して倒れないように工夫されています。

今でこそ、地盤部分はコンクリート等も使って補強されていますが、自重で立つと言う構造は変わっていません。

あえて基礎に固定せず、自重で立つことにより地震が来ても適度なズレが生じて地震のパワーを逃がすので倒れずに立っているのでしょう。

それに、何度か倒壊していますので、倒れないわけではなく倒れにくいだけです。


出典:http://blog-imgs-32.fc2.com/k/i/n/kingkazu96

腐食しない理由は?

また、主柱はクスノキが使われていますが、クスノキは腐りにくく、虫にも強い特徴があります。

なので、海の中にあっても腐りにくいのです。

腐りにくいだけであって腐らないわけではありません。

しかし、形ある物いつかは壊れます。

丈夫な大鳥居も例外ではありません。

大鳥居は過去に8回、倒壊等が原因で建て替えられています。

8回も建て替えられていますので、次の倒壊が明日という危険性も十分に考えられます。

万が一、次に倒壊した時の大鳥居の再建には宮島産のクスノキを使おうということで、宮島でクスノキが植林され育てられているそうです。

スポンサーリンク