SIREN展東京はいつから?人気グッズや入場券や整理券の入手方法、抽選日は?

スポンサーリンク

2003年にPlayStation2で発売された「SIREN」を覚えていますか?

テレビで放映されていたCMが怖すぎたため、放送が取り止めになってしまったという伝説を作ったホラーゲームソフトです。

≪放送禁止CM≫ソニーPlayStation 2用ソフト 『SIREN(サイレン)』

CMで使われていた白黒の画面と女性の叫び声が象徴していたように、ゲーム開始直後から拳銃を持っている警官から逃げなければいけないなど、ハラハラ・ドキドキのストーリーでした。

コアなファンも多く、発売から15周年を記念してSIREN展が東京と大阪で開催されるのも頷けることですね。

そんな東京で開かれるSIERIN展の入場券や整理券の情報についてチェックしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開催場所はどこ?入場券を手に入れる方法は?

夏休みに入り暑い日が続いていますが、SIREN展で涼むことができそうですが、あなたは逆に、ドキドキして暑くなっていますか?

さて、東京での開催場所は中野ブロードウェイ3階の墓場の画廊です。

墓場の画廊は、「この世とあの世を結ぶ特殊画廊」というコンセプトのもと、他とは一線を画したアートな作品を蒐集し、展覧会を開催していることで知られています。

例えSIREN展を知らなくても、墓場の画廊で開催されるならば行ってみたいと思わせる場所です。

詳細は次の通りです。

開催期間:2018年8月1日(水)~14日(火)

場所:墓場の画廊

東京都中野区中野5-52-15中野ブロードウェイ3F(303)

開催時間:12:00~20:00(土日祝11:00~)

入場料:無料

「SIREN」、「SIREN2」や「SIREN:New Translation」で登場した衣装やアイテムが展示されます。

入場料が無料というのは嬉しいですね。

その分で併設されるグッズ売り場でお金が使えますから(笑)。

8月1日(水)は混雑することが考えられるため、当時の午前7時から入場整理券が配布されます。

整理券は先着順?それとも抽選?

開催期間中の8月11日(土)には、SIRENの重要人物と一緒にSIREN誕生15周年を祝うイベント(トークショー)が開催されます。

その重要人物とは、須田恭也役の篠田光亮さん、牧野慶役の満田信明さん、他に屍人役の佐藤直子さんや外山圭一郎さんなど、まだまだいます。

https://www.jp.playstation.com/blog/2018/07/20180706-siren-04.png

絶対に行きたくなるそのイベントに参加するためには整理券が必要になるので、参加したい方はゲットしましょう。

整理券の配布方法は当初先着順の予定でしたが、人気がありすぎるため抽選方式に変わりましたので要注意です!

応募方法

  1. 売店にて7000円(税込)以上買い物をして、応募券をもらう
  2. 応募券に記載されているQRコード・URLから応募フォームへアクセスして申し込む

応募期間

8月1日(水)12時〜8月5日(日)23時59分まで

締切を過ぎた応募は無効になってしまいます。

当選発表

8月6日(月)15時〜19時

当選者にメールが送られてきます。

「hakaba.gallery@gmail.com」からのメールを受信できるよう設定しておきましょう。

イベントの会場

SIREN展が開催されている場所とは違うので間違えないように!

ナカノF

中野区中野5-46-10 J’sコート 1F

NAKANO F

かなりの倍率になることが考えられます。ダメ元で気楽に応募しましょう。

記念アイテムやSIRENグッズについて紹介!

8月3日(金)は、異界入りの日特別企画として、SIREN展に入場しグッズを購入した人先着83名に「羽生蛇村役場謹製、異界入り記念アイテム」が配られることが決まっています。

販売されるグッズについても詳細が明らかになっています。

https://www.jp.playstation.com/blog/2018/07/20180706-siren-05.png

キーホルダーやコンパクトミラー、キャップやモバイルバッテリーもあります。

「終了条件達成」の手ぬぐいや、大予言の大吟醸など欲しくなるものがたくさんあるので、心してかからなければいけません。

特に注目されているのが、「ハンマー」です(笑)。

本当にハンマーが売られるのか楽しみですね。

一部ですが値段が分かっているものを紹介します。

絵馬(各700円)

アクリルキーホルダー(各900円)

コンパクトミラー(各900円)

刺繍キャップ(各4,500円)

ミニタオル(1,000円)

B6ノート(500円)

クリアファイル(450円)

シールシート(600円)

缶バッジ(各300円)

ミニアクリルキーホルダー(各500円)

パスケース(各1,200円)

湯のみ(1,500円)

マグカップ(1,500円)

手帳型ケース(各3,000円)

アクリル時計(6,000円)

手ぬぐい(1,000円)

モバイルバッテリー(各3,500円)

大吟醸「大予言」(3,000円)

※価格は全て税別。

まとめ

SIREN展に行くと、誕生してから15周年という長い年月を経てもまだ愛されているSIRENというゲームを、もう一度やりたくなってしまうことが予想されます。

そんな時には、YouTubeにSIRENのゲーム実況がアップされているので、楽しんでみてはいかがでしょうか?

もちろんPlayStation2が手元にある方はぜひ遊んでみましょう。

トップ画像:http://hakabanogarou.jp/wp-content/uploads/2018/06/no93_739_600.png

スポンサーリンク

コメント