2020東京オリンピックは猛暑で大丈夫?何故、夏に開催されるの?

スポンサーリンク

2年後の2020年夏には東京オリンピックが開かれますが、驚異的な猛暑が続いてる東京でのオリンピック開催です。

こんなに暑いのに何故、夏にオリンピックをやる必要があるのか疑問に思ったのでしらべてみます。

楽しいオリンピック(ではないという人も多いでしょうが、わたしはオリンピックは好きです。子供の頃はオリンピックをテレビで見て、1人でエキサイトしていました、笑)ではありますが、わたしも含め、多くの人々はこの日本の猛暑を心配してしまうでしょう。

特に今年の夏はものすごく暑く、35℃以上の日々の連続です。

一般にスポーツに適した気温は20℃くらいだと言われています。

日本では10月ごろが適しているようですね。

アスリートはもちろんのこと、観客にしても暑さ対策が重要となってきますね。わたしはといえば、帽子をかぶったり、水分を摂ったり、アイスクリームを食べたりすることくらいしかしていませんが。

それはともかく、2年後の東京オリンピックはこの猛暑から逃れることができるのでしょうか?

時期をずらせばいいのではないか、そう考える人達も多くいることでしょう。わたしもそう考える人々の1人です。

何故、夏に開催されるのか?

暑さ対策はどうなっているのか?

このことについて見ていきたいと思います。

東京2020イメージ映像「TOKYO 2020 PEOPLE」
スポンサーリンク

オリンピックは何故、夏に開催される?

国際オリンピック委員会の決まり

それにしても、どうしてよりによって、この暑い夏に開催されなければならないのでしょうか(暑い時のスポーツというのは、とても厳しい。わたしは子供の頃、サッカーをしていたのでよく分かります)。

アスリートファーストを考えるのであれば、もっと涼しい秋開催にするべきではなかったのでしょうか?という疑問が出てきてしまいますね。

アスリートたちのことを考えると、ちょっと悲しいですね。

これでは、アスリート、観客ともに、シャツも汗でびしょ濡れになってしまいます、笑。

しかしながら、実は、夏にオリンピックが開催されるというのは、国際オリンピック委員会(IOC)の決まりによるものなのです。

7月15日~8月31日までの間に開くことが決まっています(ちなみに、今回の東京オリンピックは7月24日~8月9日に開催されることが予定されています)。

そして、その決まりとはIOCの収入源からきているということが明らかになっています。

というのも、7月~8月というのは欧米のスポーツイベントが盛んではなく、ひっそりとしたものなので、この時期にオリンピックを開くと、テレビ局はより多くの視聴者を獲得できるのですね。

この時期は興味のあるスポーツが少なく、欧米の皆さんはきっとつまらないことでしょう。

そこにオリンピックが開催されることになると、確実に盛り上がるでしょうね。

それによって、オリンピックのテレビ放送が巨額の収入を得ることができるといった仕組みなのです。

そして、その収入がIOCの収入の中心となっています。

つまり、欧米のテレビ局から得られる巨額のテレビ放送収入でIOCは成り立っているのですね。

そこで、7月~8月にオリンピックを開くという決まりができたのです。

なんか、そのために夏開催を変えられないというのも、悲しいものがありますね。

立候補ファイル

また、この夏開催を考える上では東京オリンピックの立候補ファイルの文章も参考になるのではないでしょうか。

そのファイルには、提案した開催時期について次のように書かれているようです。

「晴れる日が多くまた温暖であり、そのため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」と。

これを読みますと、開催地を勝ち取るためのアピールであるということは明確ですね。

この立候補ファイルが提出されたのは、2013年1月のことではありますが。

何はともあれ、この文章が訂正されなければ、秋開催にずらすことも難しいように思われてしまいますね。

とても、残念です(自己PR、ラブレター、ともに難しいでしょうが、それと同じことなのでしょうか、笑)が、しかし、それにしても、この猛暑で今回の東京オリンピックは大丈夫なのでしょうか。

特に、高温多湿の日本ではマラソンがとても心配されてしまいますね。

オリンピックの暑さ対策は?

熱中症で倒れる人の多い昨今、果たして今度の東京オリンピックではどうなってしまうのでしょうか。

新しくできた国立の競技場に屋根がないことを悔やむ人も多いといいます。

プロ野球にしても、ドーム球場の方が快適に試合ができるということを考えても、やはり、わたしも、ああ、なぜなのだろうと思ってしまいます。

熱中症対策の基本は涼しい環境とこまめな水分補給にあると言われています。

つまり、こまめに水分を摂る、なるべく日陰に入るということが対策法となりますね。

しかしながら、それでも、選手たち、特にマラソン選手たちはどうなってしまうのだろうかという心配は尽きません。

とても過酷なレースを想像してしまいますね。

そこで、大会組織委員会はその対策として、開始時刻の前倒しを発表したといいます。

午前7時半から午前7時に、30分早めたそうです。

この猛暑では30分でもありがたいという気持ちも、わたしにはしてきます。

その他にもいくつか、観客に対しての暑さ対策をしているようですね。

  • テントや冷風機などの設置
  • 大型扇風機の導入
  • 空調の効いた休憩スペースの確保
  • 自動販売機や給水機器の増設、など。

また、高温多湿の日本の暑さについて、未経験の外国人向けに英語版の冊子を作るそうです。

そして、あらゆる可能性を考慮した暑さ対策を準備していると、大会組織委員会は言っているくらいですから、もっとたくさんの暑さ対策に期待したいと思います。

まとめ

2年後の2020年夏には東京オリンピックが開かれるので楽しみですが、日本の夏は高温多湿で暑いので、選手、観客たちは大丈夫か、心配です。

東京オリンピックが夏に開かれるのは国際オリンピック委員会(IOC)の決まりによるものなので、仕方がない?

オリンピックのテレビ放送の巨額の収入が、IOCの収入の中心となっているので、夏開催をずらせないというのは悲しいですね。

立候補ファイルは夏開催を決定づけたかどうか、残念なところです。

こまめに水分を摂る、なるべく日陰に入るということが熱中症の対策法。

マラソンが午前7時半から午前7時に30分早まったのは、暑さ対策としてわずかながらでもありがたいですね。

観客に対する暑さ対策にも期待しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
ペタサーチ