長崎新幹線の開業予定は?フル規格って何?わかりやすく解説!

フル規格って一体どう言うこと?

先ほど紹介した中でフリーゲージトレインがダイレクトに在来線の線路に入ることができると紹介しましたが、鉄道好きな方以外ではチンプンカンプンだと思います。

日本の鉄道には線路の幅が2タイプ存在しているのです。

1:フル規格とは標準軌とも呼ばれるもので、線路の幅が1435mmとなっている物です。

新幹線以外でも私鉄や地下鉄などで、この標準軌を採用しています。

2.:狭軌とは線路の幅が1067mmとなっている線路です。

JRの在来線はほとんどが狭軌を採用しており、他の鉄道会社も採用している事が多く、日本での線路規格の中で一番多く使われている幅です。

九州新幹線長崎ルートの最大のネックがこの線路の幅をどうするのか?という事なのです。

JRサイドはフリーゲージトレインが頓挫してしまった事で、フル規格又はミニ新幹線規格を提案していますが、佐賀県サイドとしては、在来線を利用するフリーゲージトレインをなぜ諦めるのかを主張している事もあって話し合いは完全平行線をたどっています。

ミニ新幹線規格は在来線の線路幅をフル規格に直しますが、それ以外は在来線と同じく踏切等が存在する事になるのです。

佐賀県の問題とフリーゲージトレインの開発が解決されない限りは九州新幹線長崎ルートの全線開通はありえないと言う事になりそうです。

まとめ

長崎新幹線の開業予定とフル規格とはなにか?を紹介してきました。

これは、山形秋田新幹線の時にも問題となっていましたが、在来線をフル規格に直して対応しています。

今回はJR九州がはじめからフリーゲージトレインあり気で計画を立てていた事が問題の引き金になっている訳です。

簡単に出来るだろう的な発想があったのかもしれません。

佐賀県にしてもただ通過するだけの新幹線に線路の設置費用を支払うのはおかしいと言っているのは正しいと思います。

メリットがないのに金だけ払えいうのはおかしな話ですからね。

このまま計画が頓挫した状態になってしまうのか、それとも違う方式を見つけ出せるのかが焦点になりそうです。