出産にバランスボールを使う事ってあるの?メリット・デメリットを調査!

スポンサーリンク

先日、「バランスボール使わされ子宮破裂」というショッキングなニュースを目にされた方も多くいるのではないでしょうか。

悲しい思いになったり、不安になったり・・・。

その一方で、「最近は、妊婦さんがバランスボールをするの?大丈夫なの?出産にバランスボールを使うの?」等々いろいろと疑問に思われた方もいるでしょう。

そこで、妊婦さんがバランスボールを使う事についてメリット・デメリットを調査してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に出産の時に使われているの?

数多くの産院では、陣痛が始まってからスムーズにお産が進むようにバランスボールが使用されています。

その理由として、バランスボールを使用して楽な姿勢で座り、少し上下に揺らすことで赤ちゃんが下がってくることを促すとされているからです。

さらに、足を広げて座ることで骨盤を広げることになり、産道が広がり赤ちゃんが回りやすくなります。

また、ベッドの上などでバランスボールを抱きかかえるように四つ這いになることで腰痛のある産婦さんは陣痛が楽になると言われているからです。

妊婦さんに運動は必要なの?

妊娠・出産は想像以上に体力勝負!大仕事です!

なので、ママの健康を維持していくのに運動は必要です。

運動の効用として、過度の体重増加の予防、妊娠・出産に必要な体力維持、腰痛やむくみ・便秘や痔などのマイナートラブルの予防と改善、ストレス発散などがあげられます。

その運動にバランスボールを使うのはなぜ?

出産に向けて体に負担の少ない有酸素運動で筋力や持久力をつけていくことが大切になってきます。

有酸素運動ならば「スイミング」や「ウォーキング」「ジョギング」などがありますが、できるだけ腰や膝に負担のない姿勢で運動することが望ましいです。

バランスボールなら座った状態で自宅でも簡単にできるからすすめられているのです。

バランスボールを使うメリットは?

元々バランスボールはケガをした人のリハビリ用に作られたものなので、膝などの関節に負担をかけずに、心臓や肺に適度な負荷をかける有酸素運動ができます。

なので、無理なく子宮や骨盤を支える筋肉を効果的に鍛えられます。

季節や天候に関係なく室内でできます。

産後のシェイプアップにもなります。

過度の体重増加の予防、妊娠・出産に必要な体力維持、腰痛やむくみ・便秘や痔などのマイナートラブルの予防と改善、ストレス発散など運動の効用そのものが期待できます。

デメリットは?

使い始めは、ゴム臭いです。1週間ほどで臭いは消えるようですが・・・。

意外と大きいので、使用時や保管しておく場所が必要になります。

乗り物に酔いやすい人は、慣れるまではボールの揺れで酔うことがあるようです。

バランスを崩すと転倒やケガをする恐れがあります。

急に破れたりしてケガをすることがあるかもしれません。

まとめ

バランスボールなどの器具を使って、体に負担の少ない有酸素運動を妊娠中から行うことは、出産をスムーズにするためには効果的です。

また、産後の様々なトラブルを予防することもできます。

ただし、事故が起きる場合もありますので、正しい使い方、使う時期、使用時間、使用禁忌など専門的な指導を受けてからの使用をおすすめします。

効果的に運動を取り入れて、健康的な妊婦生活を過ごしましょう。

スポンサーリンク

コメント