2018年米国中間選挙の見どころは?株価や為替はどう動くのか?

2018年11月6日、アメリカの「中間選挙」が行われます。

アメリカの「中間選挙」とは、大統領の任期(4年)のうち2年が経過した時点で行われる選挙のことです。

トランプ大統領の劇的当選から、もう2年が経とうとしているんですね!

今回は、中間選挙の見どころと、株価や為替の動きについて解説していきます。

スポンサーリンク

アメリカの中間選挙の特徴とは?

アメリカには、上院(日本でいう参議院)と下院(衆議院)があります。

大統領の任期は4年ですが、上院議員の任期は6年、下院議員任期は2年です。

上院議員は2年ごとに3分の1ずつ改選される仕組みで、いわゆる「中間選挙」では、上院議員のうち3分の1(33議席/100議席)と下院議員全員(435議席)の改選が行われます。

この大きな入れ替わり選挙が、ちょうど大統領の任期の中間に当たるため「中間選挙」と呼ばれているのです。

※同時に任期満了となった州知事選や各自治体の公職選なども行われます。

大統領の所属する政党と議会の多数政党が同じ場合は、政策実現への期待感から株価は上昇傾向になると言われています。

ちなみに現在は、トランプ大統領が共和党で、上院・下院の両議会でも共和党が多数派です。

しかし、中間選挙では、大統領への不信感や野党の追い上げにより多数党が逆転することもあるようです。

上院と下院の多数党が逆転すると、日本でいう「ねじれ国会」のようになり、政策実現は停滞してしまいます。

選挙結果を見れば、国民がトランプ大統領のこれまでの政権運営をどう評価したのかがわかります。

つまり、中間選挙とは「大統領の信任投票」なのです。

[動画で解説] 米国の中間選挙とは(株価と為替の動き)