2018年米国中間選挙の見どころは?株価や為替はどう動くのか?

スポンサーリンク

2018年11月6日、アメリカの「中間選挙」が行われます。

アメリカの「中間選挙」とは、大統領の任期(4年)のうち2年が経過した時点で行われる選挙のことです。

トランプ大統領の劇的当選から、もう2年が経とうとしているんですね!

今回は、中間選挙の見どころと、株価や為替の動きについて解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカの中間選挙の特徴とは?

アメリカには、上院(日本でいう参議院)と下院(衆議院)があります。

大統領の任期は4年ですが、上院議員の任期は6年、下院議員任期は2年です。

上院議員は2年ごとに3分の1ずつ改選される仕組みで、いわゆる「中間選挙」では、上院議員のうち3分の1(33議席/100議席)と下院議員全員(435議席)の改選が行われます。

この大きな入れ替わり選挙が、ちょうど大統領の任期の中間に当たるため「中間選挙」と呼ばれているのです。

※同時に任期満了となった州知事選や各自治体の公職選なども行われます。

大統領の所属する政党と議会の多数政党が同じ場合は、政策実現への期待感から株価は上昇傾向になると言われています。

ちなみに現在は、トランプ大統領が共和党で、上院・下院の両議会でも共和党が多数派です。

しかし、中間選挙では、大統領への不信感や野党の追い上げにより多数党が逆転することもあるようです。

上院と下院の多数党が逆転すると、日本でいう「ねじれ国会」のようになり、政策実現は停滞してしまいます。

選挙結果を見れば、国民がトランプ大統領のこれまでの政権運営をどう評価したのかがわかります。

つまり、中間選挙とは「大統領の信任投票」なのです。

[動画で解説] 米国の中間選挙とは(株価と為替の動き)

見どころは野党(民主党)の巻き返し!?

では、今回の中間選挙の見どころについて見ていきましょう。

まず、2018年6月の時点で、両院の議席数は以下のようになっています。

共和党(トランプ) 民主党・その他 議  長
上院 51議席 47議席

独立系2議席

オリン・ハッチ仮議長(共和党)

ペンス議長兼副大統領(共和党)

下院 239議席 194議席 ポール・ライアン議長(共和党。今季引退)

実は、アメリカの議会選挙においては再選率がかなり高く、ここ30年ほどは上院下院とも約8割~8割以上の議員が再選するのが通常です。

まず、上院に注目してみましょう。

上院100議席のうち中間選挙で改選される33人で、内訳は共和党が8名、民主党とその他が25名となっています。

共和党は、上院で過半数を維持するためには、抜けた8名の再選に全力を掛けるでしょう。

その点、民主党系は25名も抜けてしまうので、やや不利な状況となっています。

では、全議席が改選される下院はどうでしょうか。

下院の中間選挙の結果が垣間見える現象が起こっています。

2017年9月26日、アラバマ州で行われた上院議員の補欠選挙において、トランプ大統領が推薦していたストレンジア元アラバマ州司法長官が、保守強硬派のムーア元同州最高裁判事に敗北してしまったのです。

両者とも共和党員ではありますが、トランプ大統領の推薦候補が敗れてしまったことで、共和党内が一枚岩でまとまっていないことがよくわかります。

トランプ大統領はしかたなくムーア氏の勝利を祝福し「打倒民主党!」と激励しましたが、結局、12月22日に行われたアラバマ州上院補欠選挙本番では、ロイ・ムーア氏が約65万票、民主党が推薦したダグ・ジョーンズ氏約67万票で民主党に敗北してしまったのです。

なんと、同州行われた上院選挙において民主党が共和党に勝利したのは実に25年ぶりのことでした。

さらに、2018年3月に行われたペンシルバニア州下院補欠選挙においても、共和党は民主党に敗北し、4月にお行われたアリゾナ州下院補欠選挙では僅差で辛勝したものの、かなり民主党に追い上げられました。

2年前の大統領選ではこれらの全ての州において共和党のトランプ氏が大勝していたにも関わらず、野党(民主党)候補が勝利するという逆現現象が起こっているのです。

こうしたことから、下院においても、共和党は過半数218議席を17議席上回っているものの、全く油断できないという見方が強くなっています。

2018年の中間選挙では、こうした民主党の巻き返しに注目です!

スポンサーリンク

2018年!米国中間選挙の影響で、株価や為替はどう動く?

基本的に中間選挙前約半年5月~10月は、与党(共和党)が中間選挙を見据えた政策を打ち出す影響で相場が変動しやすいと言われています。

例えば、2017年年末に減税法案を押し通したり、2018年5月にイスラエルのアメリカ大使館をテルアビブの街から聖地エルサレムに移転させたり、米朝首脳会談で核廃絶をアピールしてみたり、などがそうです。

こうした中間選挙を見据えた政策は、議会での対立を生みやすいため、アメリカ政治に対する不透明感が強まりアメリカ株安につながります。

実際、2018年5月にはドルが下落し、過去何か月間の間に大幅上昇していた金融株も値を下げました。

中間選挙の結果によっては、「ねじれ議会」により法案審議が停滞することで、さらに米国株式は混迷を極める可能性もあります。

ただし、これまでの経験則からすると、こうしたアメリカの株安の影響は、日経平均株価やFX市場に直結するわけではないようです。

2018年10月~12月には、選挙結果がはっきりすることで政治への不透明感が払拭されると共に、もともと年末は株価が上がりやすいこともあり株価は再び上昇に転じる、といった前向きな予想を立てる人もいます。

しかしながら、100%未来を予測することは誰にもできないので、実際にどうなるかはフタを開けてみないとわかりません。

2018年11月6日中間選挙本番まで、アメリカ株や日本の為替市場の動向は注視して行きたいですね!

まとめ

2018年11月に行われるアメリカ中間選挙について、理解が深まったでしょうか。

・中間選挙は、大統領任期4年のうち半分が過ぎた頃に行われる議会選挙のこと

・いわば「大統領信任投票」

・上院、下院とも民主党の追い上げに注目!

・これまで様子から、中間選挙後に「ねじれ議会」が発生する可能性も!?

・各州の補欠選挙等や予備選における野党(民主党)の復活劇により、アメリカ株価は低迷傾向

・中間選挙の結果次第では、ますます混迷か!?

・アメリカ株安が日本の為替市場にただちに影響するとは限らないが、注視していく必要あり!

これらの点を踏まえてアメリカ中間選挙を見ると、これまでより深くアメリカの状況が頭に入ってくる気がしますね。

スポンサーリンク

こちらの記事も詳しく書いてあります。

「11月の米大統領中間選挙」で株価に波乱は起きるのか?

「11月の米中間選挙」で株価に波乱は起きるのか?

「米中間選挙前は株安」の経験則(市場点描)

コメント