アメリカの中間選挙と予備選挙の違いをわかりやすく解説!

アメリカの選挙では「中間選挙」と「予備選挙」という言葉がありますが、みなさんは、この2つの違いをご存じでしょうか。

今回は、「中間選挙」と「予備選挙」について、それぞれの意味合いや開催時期に注目しながら、違いについて解説します。

スポンサーリンク

予備選挙って誰を選ぶもの?

アメリカ合衆国の初代大統領はジョージワシントンですが、彼が選ばれるきっかけとなった選挙が初めて行われたのは、1789年2月のことでした。

これ以後、大統領選挙は、きっちり4年に1回の間隔で行われてきました。

なぜ4年に1度なのかというと、アメリカ大統領の任期が4年、ないしは最大でも8年と決められているからです。

日本の首相がコロコロ変わるように、アメリカでは大統領が4年の任期を待たずに変わることはありません(笑)

ただし、病気や事故、暗殺などで大統領が亡くなった場合は除きます。

(その場合、基本的には大統領選で同時に選ばれていた副大統領が繰り上がって大統領になるようです。)

では改めて、「予備選挙」とは誰を選ぶものなのでしょうか?

オリンピックと同じタイミングで開かれる大統領選ですが、全米を巻き込んで約1年がかりで行われる大イベントです。

まず、1月から6月にかけて50ある州ごとに、共和党と民主党それぞれの大統領候補を選ぶための選挙が行われます。

その選挙方法の一つが「予備選挙」なのです。

つまり、予備選挙とは自分が応援したい大統領候補を選ぶための選挙と言えます。

ただし、予備選挙の段階では、一般国民は「ヒラリー・クリントンに一票!」とか「ドナルド・トランプに一票!」というように、大統領候補の名前を直接書いて投票しているわけではありません。

「民主党のヒラリーさんを支持します!」あるいは「共和党のドナルド・トランプを支持します!」というように、「支持する大統領候補を表明している代議員」に票を投じるのです。

例えば、2016年予備選挙トップバッターのニューハンプシャー州では、民主党からヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースの二人が立候補していましたが、代議員の数をより多く集めたヒラリーさんがこの州の民主党大統領候補となりました。

これがいわゆる“指名争い”です。

同様の予備選挙が共和党内でも行われていきます。

(ちなみに、予備選挙ではなく党員集会という話し合いの場を設けて代議員を決める州もありますし、予備選挙と党員集会の両方を開く州もあります。)

こうして50州それぞれで代議員を選ぶための予備選挙(あるいは党員集会)が行われ、各州が推薦する大統領候補が決まっていき、最終的に7月~8月頃に行われる全国党大会でついに民主党と共和党の大統領候補が一人ずつに絞られます。

全国党大会で各党の大統領候補に選ばれるためには、代議員の過半数をGETしなくてはいけないので、2016年の大統領選の場合、民主党の代議員は2382以上(全体4764人)、共和党は1236人以上(2472人)の代議員獲得が求められたわけです。

それ以降は、よくニュースでも見るようなたくさんの支援者を背後に並べた演説会や1対1のTV討論会を通して、民主党大統領候補VS共和党大統領候補の一騎打ちが行われていきます・・・。