アメリカ大統領が任期途中で辞めるとどうなるの?最短の任期は誰?

スポンサーリンク

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金総書記が首脳会談を行いましたね。

国内外で強いリーダーシップを発揮しているトランプ大統領ですが、それゆえ、アンチの反発も大きいことが心配されています。

そこでふと頭をよぎるのが、もしアメリカの大統領が任期の途中で辞めるようなことがあるとどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

大統領の任期

アメリカの大統領の任期は4年です。

よほどのことがない限り2期連続で務めます。

そして、どれだけ支持率が高くても、2期8年の任期を終えると、生涯を通じて3選目はできません。

初代アメリカ大統領のジョージ・ワシントンが2期8年の任期で退職したことから、これが慣習として残ったと言われています。

この3選禁止の決まりが定められたのは、第二次世界大戦が終結した頃でした。

それ以前は、法律上は何度でも再選できたのです。

しかし、独裁政治を防ぐためにも、現在では3選禁止が明文化されています。

過去最長の大統領

まだアメリカ大統領の任期について法律がなかった頃、フランクリン・ルーズベルト大統領はなんと4期もの長い間、アメリカ大統領を務めています。

フランクリン・ルーズベルト大統領は任期途中に急病で亡くなったので、急病にならなければもっと長く大統領を務めていた可能性もあります。

過去最短の大統領

逆に、過去に任期途中でやめた人はいたのでしょうか。

たった一人だけ、ニクソン大統領が任期途中に自らの意思で辞任しています。

大統領権限を濫用して司法を妨害したと非難されていたニクソン大統領は、議会の判断を待たずに、自ら任期中に辞任しました。

合衆国憲法に基づいて、大統領が辞任した場合は、副大統領が大統領に昇格します。

ニクソン大統領の跡を引き継いだのは、前任者のアグニュー副大統領も辞任したために昇格したフォード副大統領です。

ジョンソン大統領とクリントン大統領の二人は、在任中に弾劾裁判にかけられました。

しかし、これは個人の汚職というよりも与野党の政治的駆け引きの側面が強く、最終的に任期を全うしました。

また、大統領を退任したわけではありませんが、一時的に大統領を交代した例があります。

現職のアメリカ大統領が、何らかの事情で指揮をとれなくなった際は、副大統領が一時的に大統領権限を移譲されます。

レーガン大統領時代には、手術のため、ブッシュ副大統領が約8時間臨時で大統領を務めたとされています。

その他、アメリカの大統領は過去に、リンカーン大統領、ガーフィールド大統領、マッキンリー大統領、ケネディ大統領の4人が在任中に暗殺されていて、いずれも副大統領が大統領に昇格しています。

大統領に立候補する

最後に、アメリカの大統領の候補者になるには、どのような条件があるのか確認しておきましょう。

アメリカ国籍

アメリカで生まれれば、誰でもアメリカ国籍をもらえます。

または、両親のどちらかがアメリカ国籍であれば、子どもはアメリカ以外のどこで生まれてもアメリカ国籍を得られます。

私の高校時代の友人にも、父親の仕事で両親がアメリカ滞在中に生まれたため、両親ともに日本人でありながらアメリカ国籍も持っている友人がいました。

日本では、日本で生まれた外国人の子どもに日本国籍を与えることはありません。

35歳以上かつ14年以上アメリカ在留

本当にアメリカ国民としてアメリカの国益を考える人のみが大統領になるよう、14年という在留期間が定められています。

前述のように、比較的誰でも簡単にアメリカ国籍を取得できますので、他の国の人が、他の国の利益のためにアメリカ大統領になって政治を行うのを防いでいます。

連続して10年以上、大統領の職にいないもの

原則として3選は禁止です。

引き継ぎ期間を考慮して10年という数字になっています。

そのほか、法律で定められているわけではありませんが、共和党か民主党のどちらかに所属している必要があります。

これは、アメリカは共和党と民主党の二大政党制ですので、そのどちらかに所属していないと当選に必要な票数を集めることは不可能と言えるからです。

まとめ

破天荒なトランプ大統領の場合、議会との対立で思うような政権運営ができなくなってしまえば、任期途中でも構わず辞任しかねないとされています。

また、下院の民主党がトランプ大統領に対して弾劾手続きを開始する予定になっています。

弾劾の理由は、多岐にわたっています。

例えば、大統領選挙に勝つためにトランプ陣営とロシア政府とが共謀した疑いや、司法省・FBI・その他の調査を妨げるためにFBI 長官を罷免したことなどが司法妨害にあたる、大統領の公的地位を利用してトランプ一族が利益を享受し続けている「利益相反」などが問題になっています。

トランプ大統領がまずは1期目の任期を全うできるのでしょうか。

国民の信任投票の性格も持つ今年の中間選挙の行方に全世界の注目が集まっています。

スポンサーリンク