アメリカの選挙制度と日本との違いをわかりやすく解説!

スポンサーリンク

アメリカにおける行政のリーダーといえば大統領ですが、日本の場は大統領ではなく首相、つまり内閣総理大臣になります。

それは大統領制と議院内閣制という制度の違いによるものですが、この二人の選ばれ方にはどのような違いがあるのでしょう。

というわけで、今回はアメリカと日本の選挙制度の違いについて、わかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

大統領制と議院内閣制の違いは?

アメリカの大統領と日本の首相、どちらも行政のトップという点は共通点していますが、両国の政治スタイルには大きな違いがあるようです。

アメリカでは、1787年に合衆国憲法が制定されて以降、フランスの哲学者モンテスキューの影響を受けた「三権分立」と、「大統領制」を採用してきました。

司法・行政・立法の3つが徹底して独立しているため「行政」における大統領の権力は強大です。

有事の際には、連邦議会(国会)の判断を待たず大統領の権限でスピーディに行動できるようなメリットがある一方で、トランプ大統領のように周囲の意見を聴かず、自分の考えだけで突っ走ってしまうことがある点はデメリットと言えるでしょう。

一方、日本の「議院内閣制」は、「内閣が議会の信任によって成立する」システムで、内閣(行政)と議会(立法)の間には密接な関係があります。

アメリカに比べると行政の動きはスピード感が欠けますが、米大統領のように独善的になりにくいのは長所です。

また、アメリカ大統領は議会から反発を受けても、日本のように「不信任決議」を出されることはありませんが、その分「法案提出権」や「議会解散権」がないという点が日本と大きく異なります。

加えて、日本の議員内閣制では、総理大臣は国会議員の中から選ばれ、各省の大臣も国会議員が兼務することが多いですが、大統領制においては大統領や各省の長官は、連邦議員と兼務することはできません。

これらのことから、アメリカは日本と違い、行政(大統領・首相)と立法(連邦議会・国会)がより徹底して独立していることがよくわかります。

大統領の選出方法とその任期とは!?

では、アメリカ大統領は、どのようにして選ばれるのでしょう。

アメリカ大統領になるためには、①出生がアメリカで②35歳以上③アメリカに14年以上在住している必要があります。

なお、大統領の任期は4年から最長で8年まで(三回連続当選は禁止)のため、4年ごとに大統領選は行われます。

アメリカは二大政党制をとっているので、民主党の大統領候補と共和党の大統領候補が対決する形で全州を巻き込む選挙になります。

最終的に大統領を決める際には、国民が選挙人を選び、選挙人が大統領を選ぶという間接選挙の形をとっており、国民が大統領の選出に直接参加できるようになっています。

内閣総理大臣の選出方法とその任期とは!?

一方、内閣総理大臣は、国民が選んだ国会議員が国会で選出します。

要件としては「国会議員であればよい」とされていますが、第一党の議員である必要があるので、実質第一党である自民党の総裁選がイコール総理大臣の選挙になります。

衆議院と参議院それぞれで選挙が行われ、結果的に過半数を獲得した国会議員が首相として選ばれるのです。

つまり日本国民は、首相を選ぶ選挙に直接的には参加できないという点がアメリカと大きく異なっています。

なお、総理大臣の任期は、一回の任期が次期衆議院選後初の国会召集までとなっているので、特に不信任決議がなされたり、衆議院解散が行われたりしなければ、最長4年ということになります。

アメリカ連邦議員の選挙制度は?

アメリカには、日本の参議院と衆議院のような「上院(日本でいう参議院)」と「下院(日本でいう衆議院)」があります。

上院は、50州それぞれから平等に2名ずつ、住民による直接投票によって100名が選出されます。

ちなみに、上院の任期は6年ですが、2年ごとに3分の1(33名ないしは34名)ずつ改選されます。

また、下院の人数は435名と上院よりずっと多く、人数配分は各州の人口に応じて決定するため、最も少ないアラスカには1議席しかありませんが、人口の多いカリフォルニアには53議席もあるのです。

先ほど述べたようにアメリカの議会(立法)は大統領(行政)から独立しており、法律制定において強い権限を持つため、連邦議会選挙においても熾烈な選挙レースが繰り広げられます。

特に、前大統領選と次期大統領選のちょうど中間に行われる連邦議員選挙は「中間選挙」と呼ばれ、大統領が国民の信任を確かめる指標としての関心が寄せられます。

日本の国会議員の選挙方法は?

一方、日本の国会議員は、参議院が242名・衆議院が480名と、アメリカよりも国土は狭いのに議員数は187名も多いのです。

まず、参議院の任期は6年で、3年ごとに半分が改選され、比例代表選挙で48人と選挙区選挙で73人、計121人が選ばれます。

ちなみに、比例代選挙は非拘束名簿式で、選挙区はなく全国統一、国民は政党名を書いて投票し、各政党の得票率に応じて議席を配分します。

また、選挙区は各都道府県の人口で割り振られるので、地方の都道府県ほとんどは1人選出、人口が多い都道府県だけは2~5名選出される形になっています。

次に、衆議院ですが任期は一応4年となっていますが、内閣総理大臣が解散権をもっているため、たびたび解散され4年の任期を全うしたことはほとんどありません。

解散されるたびに、定数480名のうち、小選挙区から300名(各選挙区から1名ずつ選出)、比例選挙区から180名(拘束名簿式、全国を11ブロックに分ける)が選出されます。

日本はアメリカと違って政党が多数あるため、どうしても第一党が勝ちやすい傾向にあるようです。

選挙権は誰にある?

アメリカの選挙権は18歳、日本も先日、法律が改正され18歳で投票ができるようになりました。

年齢や投票率の低さは日米共通のものがありますが、選挙登録に関しては違いがあります。

日本は選挙の時期がくると各自治から、自然と投票用書類が自宅に届きますが、アメリカは自分で選挙登録をしなくてはなりません。

選挙登録には身元確認になども含まれており手順が複雑で、なおかつ投票自体も行列になってスムーズにいかないことがあるため、20歳未満の投票率は5割を切っており日本に負けず劣らず低くなっているようです。

まとめ

アメリカ大統領と日本の総理大臣の選挙制度の違いをまとめると、以下の点が挙げられます。

  • アメリカ大統領:国民が選挙(大統領選)に参加できる、二大政党制の一騎打ち、任期は4年~最長8年、議会から独立し強い権限を持つ
  • 日本内閣総理大臣:国民が選挙(第一党総裁選)に参加できない、第一党の総裁選、任期は最長でも4年だが全うされたことはほぼない、議会とは密接な関係
  • また、議会選挙制度においては、以下のような違いがありました。
  • アメリカ(連邦議会):上院100名(任期4年、2年ごとに3分の1ずつ改選)、下院435名(任期2年、2年ごとに改選)
  • 日本(国会):参議院242名(任期6年、3年ごとに半分ずつ改選)、衆議院480名(任期4年だけど解散で短くなることもある)、アメリカより人数が多い

なお、選挙権はどちらも18歳以上でゲットできますが、アメリカは選挙制度や選挙登録が州ごとに異なり複雑なため、日本同様に投票率の低さが課題となっているようです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治
スポンサーリンク
ペタサーチ