中型犬と小型犬の違いは?特徴や選ぶべきポイントを紹介

小型犬と中型犬の違いはズバリ大きさですが、その他にも飼い方が少し異なることがあるます。

街で見かけた犬に一目ぼれ、ペットショップで見た犬に一目ぼれなんてこともあるかと思いますが、その犬はあなたのライフスタイルに合っていますか?

今回は、小型犬と中型犬の違いや選ぶポイントを紹介していきますね。

中型犬と小型犬の違い

小型犬と中型犬の違いは大きさですが、何となくの大きさで小型犬、中型犬と決めていませんか?

しかし何となく決めている小型犬、中型犬って合っているのです。

同じ犬種でも大きい子や小さい子がいますもんね。

一般に基本になっている小型犬は、体重~10㎏までであり、体高(地面から背中の長さ)40㎝までを小型犬と言われています。

その中でも4kgまでの犬は超小型犬と言われています。

中型犬は、10㎏以上25㎏までであり、体高が60㎝までと言われています。

小型犬と中型犬で最も異なる点は、運動量です。

その他、超小型犬と中型犬では、ご飯の量も変わってきますし、ひょいっと抱っこすることも違ってきます。

それではどちらがあなたのタイプなのかを見ていきましょう。