チームラボ ボーダレスお台場とプラネッツ豊洲の違いは?夏休みのおすすめはどっち?

スポンサーリンク

現在東京の臨海部で非常に人気のある施設があります。

それは、チームラボが運営している、「ボーダレスお台場」と「プラネッツ豊洲」の2つです。

近距離で似たような施設の運営を行っているチームラボですが、この2つの施設には、展示物に違いがあるのでしょうか!?

夏休みに出掛ける場合にはどちらがお薦めになるのでしょう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボーダレスお台場とプラネッツ豊洲では何が違うの?

この2つのデジタルアートのテーマパークですが、どちらもチームラボが創作したアートになっています。

大きな違いとしては

1.運営会社の違い

ボーダレスお台場は、森ビル

プラネット豊洲は、DMM.com

が共同運営している違いがあります。

2.常設展示と期間展示

この2つのテーマパークの違いで明白なのは展示されている期間です。

ボーダレスお台場は常設展示という事ですから、これから先も常に見る事ができる施設になります。

プラネット豊洲は、期間限定展示となっており、2020年までの開催が予定されています。

但し現段階では2020年のいつ終了になるかは明確になっていません。

3.テーマの違い

2つのデジタルアートのテーマパークが近隣に設置されているので、同じ内容では人は来てはくれません。

ボーダレスお台場は名前の通り「ボーダレス」がテーマになっています。

境界線がないデジタルアートという事になります。

作品は50点ほどありますが、全てがボーダレスという事になっているのです。

運動の森等もあって子ども達が遊べる作品もかなりあります。

プラネット豊洲はお台場と違って水をテーマにしたデジタルアートになっています。

冬も営業している事もあって水もある程度ぬるま湯?程度になっている様です。

7作品が展示されておりそのうち3つが水をモチーフとしており、水の中に入って見学するという形になっています。

夏休みに出掛けるとしたらどちらの施設がおすすめなのか?

一応どちらの施設もお薦めにはなりますが、小学生までのお子さんがいる場合には、ボーダレスお台場がお薦めになるでしょう。

なんと言っても、ボーダレスですから、家族で迷いながらアート作品を見て回る事ができ、かつ運動の森ではアスレチックなどで遊ぶ事もできます。

また学ぶ未来の遊園地では自分の書いた絵が、デジタル処理をされて壁に移り、動き回るという事もできるので、子ども達にとっては、不思議で魅力のある施設になっていると思います。

通常の所要時間は3~4時間となっていますが、子ども達が夢中になっているとこの時間で収まる事はないでしょうね。

恋人同士や大人の友だち同士ならプラネット豊洲がお薦めになります。

7作品という事もありますが、回る順序も決まっている事から、ある程度時間を読む事ができます。

水に入る事から、ひざ上までめくれるパンツスタイルの方が見学しやすいでしょう。

それに営業時間も25時までとなりますので、仕事帰りに立ち寄ってみるという事も可能になっています。

入場料金は大人の場合は両方の施設とも3200円となっています。

子どもの料金はお台場が1000円、豊洲が2000円となっているので、経済的観点からみても、家族で行くにはお台場がお薦めになりますね。

まとめ

チームラボボーダレスお台場とプラネット豊洲の違いや夏休みのお薦めはどちらになるかについて紹介してきました。

正直個人的には、プラネット豊洲の方が落ち着いた雰囲気で作品を楽しめるのでは?と思っていますが、実際に行ってみたら、両方行ってみようかという事になりそうです。

ゆりかもめに乗ってしまえば、乗車時間は10分程度ですから確実に2つの施設を巡る事は可能です。

所要時間を考えると2つの施設を回るだけで約6~7時間ということになりますから、一日目いっぱいデジタルアートを体感する事ができます。

子ども達がいる場合は、2つ回るのは体力的に無理がありますから、時期を見計らって後日来てみるのもいいかもしれませんね。

トップ画像:https://borderless.teamlab.art/jp/ew/iwa-waterparticles/

スポンサーリンク

コメント