チームラボ ボーダレスお台場とプラネッツ豊洲の違いは?夏休みのおすすめはどっち?

スポンサーリンク

現在東京の臨海部で非常に人気のある施設があります。

それは、チームラボが運営している、「ボーダレスお台場」と「プラネッツ豊洲」の2つです。

近距離で似たような施設の運営を行っているチームラボですが、この2つの施設には、展示物に違いがあるのでしょうか!?

夏休みに出掛ける場合にはどちらがお薦めになるのでしょう?

スポンサーリンク

ボーダレスお台場とプラネッツ豊洲では何が違うの?

この2つのデジタルアートのテーマパークですが、どちらもチームラボが創作したアートになっています。

大きな違いとしては

1.運営会社の違い

ボーダレスお台場は、森ビル

プラネット豊洲は、DMM.com

が共同運営している違いがあります。

2.常設展示と期間展示

この2つのテーマパークの違いで明白なのは展示されている期間です。

ボーダレスお台場は常設展示という事ですから、これから先も常に見る事ができる施設になります。

プラネット豊洲は、期間限定展示となっており、2020年までの開催が予定されています。

但し現段階では2020年のいつ終了になるかは明確になっていません。

3.テーマの違い

2つのデジタルアートのテーマパークが近隣に設置されているので、同じ内容では人は来てはくれません。

ボーダレスお台場は名前の通り「ボーダレス」がテーマになっています。

境界線がないデジタルアートという事になります。

作品は50点ほどありますが、全てがボーダレスという事になっているのです。

運動の森等もあって子ども達が遊べる作品もかなりあります。

プラネット豊洲はお台場と違って水をテーマにしたデジタルアートになっています。

冬も営業している事もあって水もある程度ぬるま湯?程度になっている様です。

7作品が展示されておりそのうち3つが水をモチーフとしており、水の中に入って見学するという形になっています。