シェアリングエコノミーって何?レンタルとの違いは何?

スポンサーリンク

近年ではSNSが幅広く使われるようになり、その中で「シェア」という言葉をよく耳にするようになってきましたが、皆さんはこの言葉をご存知ですか?

「シェア」というのは3つの意味があり、1つは共有、2つは分配、3つは市場占有率(マーケットシェア)とそれぞれ状況によって使い分けています。

今回は共有の意味をもつ「シェアリングエコノミー」についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアリングエコノミーとは?

なんだか難しいような名前ですが、調べてみるとなんとも便利なサービスなんですよ。

シェアリングエコノミーとは、自身が無駄なモノを持たずに持っているヒトと共有することでお得に使えるサービスです。

と説明されてもいまいちピンときませんよね。

例えばあなたが車を所持しているとした場合、車って乗っても乗らなくても税金や駐車場代、メンテナンス費用など維持費が結構かかってしまうんですよね。

休日だけ乗って平日はまったく乗らないとしたら車を手放してもいいような気がしませんか?

そんな時にあなたの車を他人とシェアして、乗らない時には車を必要としてくれる人に乗ってもらうことができるのが「シェアリングエコノミー」です。

車を所持しているあなたには、

  • 眠らせている車を有効活用できる
  • 必要としてくれる人がいたらシェアしてその分副収入を得ることができる
  • 事故にあっても安心の保証付き
  • シェアすることでCO2や渋滞を軽減できる

といったメリットがあります。

逆に、あなたが「車を必要としているけど所有するほどでもないな」と思った場合は、借りることで、

  • 必要なときに必要な時間だけレンタカー感覚で使用可能
  • レンタカーよりも安く使える
  • 事故を起こしても安心の保証付き
  • シェアすることで無駄な車を所持しなくてすみ、CO2や渋滞を軽減できる

といったメリットがあります。

レンタルとなにが違うの?

シェアリングエコノミーとレンタルの大きな違いは、レンタルは業者から借りるのに対し、シェアリングエコノミーは個人から一時的に借りることになります。

シェアできるものは「ヒト」、「モノ」、「乗り物」、「スペース」など様々なジャンルが増えてきており、その時々に空いていたらシェアできるようになっています。

レンタルする場合はその業者へ出向くか電話で問い合わせて取引できますが、シェアリングエコノミーの場合は主にインターネットのマッチングサイトで取引するので、ネット回線環境が必須になるので注意してくださいね。

また、仲介者がいない個人対個人での取引なので、トラブルが生じることがあります。

これはシェアリングエコノミーサービスの今後の課題となっていますが、お互いが気持ちよく貸し借りできるよう心がけると良いですね。

シェアリングエコノミーでなにをシェアする?

シェアリングエコノミーサービスでなにをシェアできるのかご紹介します。

スマホから簡単にハイヤーを手配できる「Uber」

専用アプリを使って近くにいるハイヤーの配車手配が簡単にできます。

決算もアプリで行うため金銭のやり取りがありません。

運転する側と乗車する側が選べ、目的地までの料金も見積もることができますよ。

使っていない間に車を貸し借り「CaFoRe」

これは上記で例にあげたサービスです。

レンタカー感覚で気軽に貸し借りできるうえ、双方が必ず保険に加入するので安心です。

好きな場所で乗り降り可能自転車をシェア「COGICOGI」

自転車を所有しなくても必要なときだけ使えるシェアサイクル。

盗難や自転車のメンテナンスを心配することがないので、終電後などちょっとした時に便利ですよ。

手ぶらで無農薬野菜作り「シェア畑」

季節ごとの種や苗をはじめ、肥料や道具もすべて畑にあるので、手ぶらで農作業が楽しめます。

経験豊富な農園アドバイザーが常勤しているので、わからないことも気軽に聞くことができますよ。

地域によって入会金や畑の広さが違いますが、手軽に農作業ができるのは魅力的です。

意外と人気なので気になる方はお早めにどうぞ。

洋服やアクセサリーをレンタル「SUSTINA」

月額5,800円で1回5点まで、好きなときにレンタル可能です。

洋服、アクセサリー、バッグが対象なので全身レンタルコーデも可能です。

気に入ったアイテムがあればそのまま購入もできますよ。

いかがでしたか?

レンタルよりもシェア!の時代になりつつありますね。

無駄がなくなりエコ活動としても注目されているシェアリングエコノミーは、今後も様々なジャンルがシェアできるようになること間違いなしです。

アプリひとつで取引ができるのも簡単で嬉しいポイントですね。

是非一度調べて、気になるジャンルがあったら活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント